大船渡水産振興センター『復興板88号』

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1014313  更新日 令和2年8月6日

印刷大きな文字で印刷

漁港関係施設の災害復旧工事 進捗状況(令和2年7月31日現在)

令和2年7月31日現在の管内の県営漁港関係施設災害復旧工事の進捗率は、89%となっています。

令和元年再調査決定額
区分 災害査定件数 災害査定本工事費 発注件数 発注額 進捗状況出来高 進捗状況率 完成件数
漁港 242 33,037,441,000円 240

32,639,011,164円

32,639,011,164円 99% 236
漁港海岸 11 33,784,333,000円 11 29,587,607,227円 26,585,645,558円            79% 9
漁場 2

498,880,400円

2

498,880,400円

498,880,400円

100% 2
合計 255 67,320,654,400円 253 62,725,498,791円 59,723,537,122円 89% 247

 

共同利用施設等の復旧状況

漁協や漁業者、水産加工業者などが共同で利用する施設の整備を支援しています。

令和2年度に巻揚機1件の整備が予定されています。

 

大船渡市魚市場の水揚げ状況(1月1日から6月末累計)

大船渡市魚市場の水揚げ状況(1月1日から6月末累計)
対比 数量 金額
令和2年

10,372トン

1,024,139,355円
令和元年

13,667トン

1,186,060,307円
震災前(平成20年から平成22年の平均)

11,436トン

1,138,580,225円
令和元年との対比   76% 86%
震災前との対比   91% 90%

 出典いわて大漁ナビ

 令和2年1月から6月までの大船渡市魚市場の水揚量は10,372トンで、前年度の76%、震災前の91%でした。主な水揚げ魚種は、マイワシ(6,051トン、3億5千5百万円)、サバ類(2,171トン、2億2千2百万円)、イサダ(605トン、6千百万円)などでした。なお、前年度より水揚げ量が減少した理由は、サバ類とイサダがそれぞれ前年比の49%、11%しか漁獲されなかったことに影響されています。

添付ファイル

大船渡水産振興センター『復興板88号』

大船渡水産振興センター『40から87号』

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

沿岸広域振興局水産部大船渡水産振興センター  水産振興課 漁政チーム
〒022-8502 岩手県大船渡市猪川町字前田6-1
電話番号:0192-27-9915(内線番号:229) ファクス番号:0192-21-1229
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。