大船渡水産振興センター『未来板』(旧 復興板)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1014313  更新日 令和3年11月18日

印刷大きな文字で印刷

気仙地域の情報について発信する、大船渡水産振興センターの情報誌『未来板』(旧 復興板)を掲載しています。

漁港関係施設の災害復旧工事 進捗状況(令和3年10月31日現在)

管内の県管理漁港関係施設災害復旧工事の進捗率は、98.3%となっています。

令和元年度再調査決定額
区分 災害査定件数 災害査定本工事費 発注件数 発注額 進捗状況出来高 進捗状況率
漁港 242 33,037,441,000円 242

32,750,826,164円

32,697,010,464円 99.8%
漁港海岸 11 33,784,333,000円 11

30,275,784,607円

29,220,610,807円           96.5%
漁場 2

498,880,400円

2

498,880,400円

498,880,400円

100%
合計 255 67,320,654,400円 255 63,525,491,171円 62,416,501,671円 98.3%

 

共同利用施設等の復旧状況

漁協や漁業者、水産加工業者などが共同で利用する施設の整備を支援しています。

令和3年度に巻揚機1件の整備が完成し、管内の共同利用施設の復旧は全て完了しました。

大船渡市魚市場の水揚げ状況

9月の大船渡市魚市場の水揚げ状況
  数量 金額

水揚げ第1位

第2位

第3位

令和3年

1,329.3トン

464,406,827円 カツオ サンマ

ショッコ

(小さいブリ)

令和2年

2,334.6トン

345,332,415円 マイワシ サバ類

ショッコ

(小さいブリ)

令和3年と令和2の対比

57%

134%

 出典 岩手県水産情報配信システム

シイラのイラスト
 シイラ

~10月のおさかな紹介 『シイラ』について~

 広く世界の温暖な海に生息し、ハワイでは『まひまひ』と呼ばれて食用とされています。シイラの呼称の語源には、米や麦が結実しない籾(もみ)のことをいう『しいな(粃)』であるとする説があり、表皮が硬く薄身である特徴に由来するとされています。海の表層を群れで泳ぐため、一度にたくさん漁獲されることもあり、『とおひゃく(十百)』や『まんびき(万匹)』と呼ぶ地域もあります。

 主に小魚を捕食し、漂流物の周辺に集まる習性で知られるこの魚は、釣りの対象としても人気です。

 近年、岩手県沿岸で漁獲量が増加していますが、あまり本県の食生活に馴染みのない魚のため、その利用法が課題です。淡いピンク色をした身の食味は淡泊で、火を通すことで柔らかさと噛み応えを併せ持った身質になるのが特徴です。ハーブソルトや塩コショウをまぶした上に衣をつけてフライにしたり、一口大に切って、野菜と一緒にバター、醤油、塩コショウでソテーにしたりすると美味しく、油脂との相性が良い魚です。お店で見つけた方は、ぜひお手に取り、調理法を御検討ください!

さけの子さっちゃんの気仙News

News(1)門の浜漁港海岸で水門・陸閘自動閉鎖システム運用開始!

 県が災害復旧事業等で整備を進めている水門・陸閘自動閉鎖システムについて、門の浜漁港陸閘全3基の運用を開始することから令和3年10月21日に住民説明会を開催しました(地域住民約25名参加)。これで、大船渡市5漁港30基のうち、半分(15基)の陸閘が運用開始となりました。(令和3年10月21日時点)。

 説明会では、水門・陸閘自動閉鎖システムの概要や今回運用開始する箇所について説明し、実際に門の浜漁港2号陸閘が閉鎖する様子や陸閘に設置されている非常扉の開け閉め、挟み込み防止装置(人や車両の挟まれを検知する)を体験していただきました。

 水門・陸閘自動閉鎖システムの整備により、津波時に現地で人が操作することなく、安全かつ迅速・確実に陸閘を閉鎖することができます。しかし、陸閘を閉鎖しても、まちを守りきれない津波がありますので、津波注意報等が発表されたら、ただちに安全な場所へ避難してください。

News(2)ウニ畜養の取組が始まりました!

 令和3年10月6日(水曜日)に綾里地先で採捕したウニ約4,900個体を綾里漁港内の蓄養池へ移殖しました。これは、『近年増えすぎているウニの生息密度の適正化を図るとともに、採算性の高い新たな蓄養・出荷モデルを構築すること』を目的とした取組で、県が綾里漁協に委託している事業です。

 今後は週に2回程度、エサとなるボイル塩蔵したワカメやコンブを与えながらウニを蓄養します。10月時点では殆ど身が入っていませんでしたが、年末の需要期に身入りの良いウニを出荷することを目標に取組を進めていきます。

 

「さけの子さっちゃんの気仙News」の詳細は、未来板第4号(PDF版)をご覧ください。

添付ファイル

大船渡水産振興センター『未来板』第4号

大船渡水産振興センター『未来板』第1号から第3号まで

大船渡水産振興センター『復興板』第40号から第92号まで

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

沿岸広域振興局水産部大船渡水産振興センター  水産振興課 漁政チーム
〒022-8502 岩手県大船渡市猪川町字前田6-1
電話番号:0192-27-9915(内線番号:229) ファクス番号:0192-21-1229
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。