ヒラメの種苗放流が行われています

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1014266  更新日 平成31年2月20日

印刷大きな文字で印刷

ヒラメの種苗放流は、ヒラメ資源の増大を図るため、平成13年から開始されているもので、宮古地区魚類栽培事業協議会(会長大井誠治宮古漁協組合長)の構成7漁協が、例年8月から9月に各浜に放流しています。
県内では、ヒラメ資源の増大を図るため、岩手海区漁業調整委員会指示により30センチ未満の採捕が禁止されています。
小型魚の保護について、皆様の御理解と御協力をお願いします。

このページに関するお問い合わせ

沿岸広域振興局水産部宮古水産振興センター  水産振興課 普及チーム
〒027-0072 岩手県宮古市五月町1-20
電話番号:0193-64-2216(内線番号:316) ファクス番号:0193-71-1274
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。