「いわての観光統計」教育旅行客・外国人観光客の入込動向(令和2年1月~3月・暫定値)、スキー客の入込動向(令和2年シーズン)について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1032466  更新日 令和2年9月2日

印刷大きな文字で印刷

「いわての観光統計」教育旅行客・外国人観光客の入込動向(令和2年1月~3月・暫定値)、スキー客の入込動向(令和2年シーズン)を取りまとめました。(令和2年8月28日から公開)

教育旅行客の入込動向

令和2年1月~3月に本県を訪れた教育旅行客の入込は、学校数が延べ144 校、児童生徒数が1万183 人回となりました。学校数は前年比で18 校(11.1%)減少、児童生徒数は前年比で2,200 人回(17.8%)減少となりました。震災前との比較では、学校数は平成22 年比で100 校(227.3%)増加、児童生徒数は平成22 年比で1,086 人回(11.9%)増加となりました。

外国人観光客の入込動向

令和2年1月~3月に本県を訪れた外国人観光客の入込数は9万677 人回となり、前年比で1 万765人回(10.6%)減少となりました。平成24 年以来、8年ぶりの減少となりましたが、平成22 年比では7万2,728人回(405.2%)増加となりました。

スキー客の入込動向

令和2年シーズン(令和元年11 月~令和2年4月)における県内スキー場へのスキー客の入込数は、807,913 人回(平成31 年シーズン:872,107 人回)で、前シーズンに比べ64,194 人回(7.4%)の減少となりました。令和2年シーズンは、雪不足により営業開始を年明けまで延期せざるを得ないスキー場があるなど、多くのスキー場で営業開始が遅れたことや、年明け以降も暖冬が続き、多くのスキー場で例年よりも早く営業が終了したこと、新型コロナウイルス感染症の影響によるスキー客の減少等により、入込数は減少となりました。

添付ファイル

本資料の数値は暫定値のため、年間の確定値(令和2年1月~12月)資料において、数値が変わる場合があります。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

商工労働観光部 観光・プロモーション推進室 国内観光担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5574 ファクス番号:019-623-2001
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。