令和元年度「子どもの読書状況調査」の結果について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1027374  更新日 令和2年2月27日

印刷大きな文字で印刷

 本調査は、県内の児童生徒の読書状況を調査し、年度毎の変化を把握することで、子どもの読書活動の推進に係る県教育委員会の今後の施策展開の資料とするため実施しているものです。

 県内の全ての公立小・中・高等学校において、小学5年生、中学2年生、高校2年生の1学級を抽出し、一定期間(1か月間)における児童生徒の読書量(冊数)等を調査しました。今後の読書活動の推進にご活用ください。

【令和元年度の傾向】

  • 1か月で1冊以上本を読んだ中高生の割合は、増加傾向にあります。
  • 各学年とも、「読書が楽しい」と回答する児童生徒が8割を超えています。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

岩手県教育委員会事務局 生涯学習文化財課 生涯学習担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-6176(内線番号:6175) ファクス番号:019-629-6179
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。