県立高等学校における生徒の多様な受入れのあり方について【報告】

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1006478  更新日 平成31年2月20日

印刷大きな文字で印刷

 将来的に中学校卒業者の更なる減少により各高等学校における入学者の確保はより一層困難となることが予想されており、将来を担う人材育成、ふるさと振興の観点から、県外からの入学志願者受入れや通学区域のあり方について、幅広く検討を行うために、平成29年4月に「県立高等学校における生徒の多様な受入れのあり方検討会議」を設置しました。

 同検討会議においては、平成30年7月までの4回の協議の中で、県内公立中学校長、県立高等学校長及びPTA会長を対象としたアンケート結果や県内市町村教育長からの意見も参考にしながら、ご議論いただき、平成30年8月9日に県教育委員会に対し報告いただいたものです。

 今後、県教育委員会では報告書の内容を受け、県外からの入学志願者の受入れ等に係る対応について検討を進めていきます。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

岩手県教育委員会事務局 学校調整課 高校改革担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-6206(内線番号:6206) ファクス番号:019-629-6144
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。