被爆二世健康診断について

ページ番号1024653  更新日 令和2年9月25日

印刷大きな文字で印刷

 被爆二世の方の中には健康面での不安を訴え、健康診断を希望する方が多いことから、国が定めた「被爆二世健康診断調査事業実施要綱」に基づき、各都道府県、広島市及び長崎市はそれぞれ国から委託を受け、被爆二世健康診断を実施しています。

 

 

1 対象者

被爆二世の方で、健康診断の受診を希望する方

被爆二世とは、両親のいずれかが原子爆弾被爆者であり、被爆者の被爆後に生まれた(体内被爆を除く)実子です。

2 被爆二世健康診断の内容

一般検査

1 視診、問診、聴診、打診及び触診による検査

2 CRP定量検査

3 血球数計算

4 血色素検査

5 尿検査(ウロビリノーゲン、蛋白、糖、潜血)

6 血圧測定

7 AST検査法、ALT検査法、γーGTP検査法による肝臓機能検査注1

8 ヘモグロビンA1c検査注1

9 血清蛋白分画検査による多発性骨髄腫検査注2

 注1 肝機能検査及びヘモグロビンA1c検査については、医師が必要と認めた場合に行います。

 注2 血清蛋白分画検査による多発性骨髄腫検査は、受診者の希望により行います。

精密検査

次に掲げる範囲内で医師が必要と認めるものを行います。

1 骨髄造血増検査等の血液の検査

2 肝機能検査等の内臓の検査

3 関節機能検査等の運動器の検査

4 眼底検査等の視器の検査

5 胸部エックス線撮影検査等のエックス線検査

6 その他必要な検査

3 受診までの流れ

(1) 受診を希望する場合は、医療政策室に電話又は「健康診断受診申込書」により下記期限までに申し込んでください。

 【申込期限】 令和2年10月14日(水曜)

(2) 医療政策室から、受診の可否を10月下旬までに申込者全員にお知らせします。(受診希望者が多数の場合は、未受診者等を優先します。)

(3) 受診決定者は、医療政策室から問診票等を受取り後、直接医療機関に連絡し、受診日をお決めください。

(4) 健康診断受診日には、医療政策室から送付された問診票等を持参してください。

 

 

4 実施期間

令和2年11月2日(月曜)~令和2年12月25日(金曜)

注 医療機関によっては受診指定日(曜日)があります。

5 実施医療機関

6 費用

検査費用は無料です。(被爆二世健康診断の範囲に含まれない検査は、自己負担となります。)

なお、受診に伴う交通費は支給されません

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 医療政策室 感染症担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5472 ファクス番号:019-626-0837
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。