令和元年度公共事業評価結果の反映状況について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1026930  更新日 令和2年2月14日

印刷大きな文字で印刷

令和元年度に実施した公共事業評価(事前評価、継続評価、再評価)結果の令和元年度の事業への反映状況は、次のとおりです。

公共事業評価結果の反映状況(対象316地区)

  1. 事前評価
    事前評価を行った75地区のうち、65地区は事業採択、10地区は他地区を優先的に実施するため不採択としました。
  2. 継続評価
    継続評価を行った231地区のうち、217地区は事業継続、13地区は他地区重点化等のため一時休工することとしました。このほか、1地区は令和元年度に完了する見込みとなりました。
  3. 再評価
    再評価を行った10地区のうち、8地区は事業継続、2地区は災害復旧事業を優先するため一時休工としました。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

政策企画部 政策企画課 評価担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5181 ファクス番号:019-629-6229
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。