一戸町豊岡地区:平糠沢砂防事業

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1015059  更新日 平成31年2月20日

印刷大きな文字で印刷

事業の概要

平糠沢は、西岳東斜面に源を発し、奥中山地区市街地の北部を流下し、馬淵川に流れ込みます。
平糠沢の上流部では、渓岸の侵食が進み、下流に大量の土砂が流れ出し、定期的に河道掘削していますが、平成3年及び平成8年には国道4号が冠水する被害が発生しました。
また、IGRいわて銀河鉄道にも大きな被害を及ぼす可能性があります。
このことから、土砂災害を防止するため、砂防ダムを5基、床固工を2基建設する計画で、平成17年度から事業に着手し平成27年度の事業完了を目指しています。

事業の効果

砂防ダム等の建設により、豪雨時の土砂流出災害発生の可能性が少なくなります。

保全対象

  • 人家35戸
  • 公共施設(中山駐在所)
  • 国道4号(交通量:1日あたり10,152台)
  • IGRいわて銀河鉄道(乗降者数:1日あたり400人から500人)

計画図

概略図を提供いたします。添付ファイルをご覧ください。

写真

平成8年の洪水被害状況写真です。

西岳橋付近氾濫状況の写真
西岳橋付近氾濫状況
C-1砂防堰堤建設状況の写真
C-1砂防堰堤建設状況

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

県北広域振興局土木部二戸土木センター 道路河川環境課 河川砂防チーム
〒028-6103 岩手県二戸市石切所字荷渡6-3
電話番号:0195-23-9209(内線番号:305) ファクス番号:0195-22-1084
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。