業務方針

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1013732  更新日 令和1年7月1日

印刷大きな文字で印刷

1 組織の目的・役割

 一関地域の特性と良質な農業生産基盤の能力を最大限に生かした収益力の高い農業が展開されるとともに、自然災害に強い、安全・安心な快適で活力ある農村社会が確立し、ひいては、広く県民が農業・農村の有する機能の恩恵を享受できるよう、「いわて県民計画(2019~2028)アクションプラン」や「いわて農業農村整備の展開方向(2019~2022)に基づき、農業生産基盤や農村生活環境の整備、ため池等農業水利施設の防災・減災対策を推進するとともに、地域協働による農村活性化の取組を促進します。

2 組織の主要な価値提供先(顧客)やビジネスパートナー

  1. 主な顧客・・・農業農村整備事業の受益農家、地域住民、県民
  2. ビジネスパートナー・・・土地改良区、市町、農業協同組合、工事及び業務受託関係者

3 主要な価値提供先(顧客)ごとの提供すべき価値

  1. 受益農家・・・生産性の高い農地や安定した農業用水の供給が可能な農業水利施設等の整備による効率的・安定的な営農基盤
  2. 地域住民、県民・・・防災施設や生活環境基盤の整備、多面的機能の発揮による安全・安心で快適な潤いのある農村環境

4 組織や業務を取り巻く環境とその変化

  1. 農業従事者の減少や高齢化に伴う担い手不足、農産物価格の低迷、経済のグローバル化による地域産業への影響に加え、農業生産基盤の整備が遅れている現状から、生産コストの低減、担い手の確保・育成、高収益作物への転換等に向け、地域の特性に応じた基盤整備を着実に推進することが求められています。
  2. 大規模地震や集中豪雨が頻発しており、防災意識の向上による安全・安心な地域づくりとともに、災害発生時における迅速な調査と早期復旧が求められています。
  3. 県民の環境保全意識の高まり等から、農地・水等農村資源の良好な保全、農業水利施設の長寿命化と環境との調和などが求められています。
  4. 小規模土地改良区が多いうえに農業者の減少や担い手への農地利用集積の進展などにより組合員が減少する中、将来にわたる施設の適切な維持管理に向け、土地改良区の運営基盤の強化が必要となっています。
  5. 建設業界では、復旧・復興事業の進捗に伴う建設事業費の減少や担い手の不足などの課題に加え、働き方改革にも取り組んでおり、効率的で円滑に施行できる工事の発注が求められています。

このページに関するお問い合わせ

県南広域振興局農政部一関農村整備センター 管理用地課
〒029-0803 岩手県一関市千厩町千厩字北方85-2
電話番号:0191-52-4931(内線番号:220) ファクス番号:0191-52-5844
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。