八木港の概要

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1009789  更新日 令和2年3月11日

印刷大きな文字で印刷

内容

昭和4年
  • 八木土地会社により、北港地区の公有水面埋立工事に着手
  • 種市漁業組合により、外郭・係留施設の建設工事に着手
   ⇒ 昭和7年に完成
昭和9年  南港地区の船だまりが完成し、八木港の原形が完成
昭和36年

 (1)水深3.5m物揚場、(2)泊地が完成

   → 同時に、水産関係の陸上施設の充実も図られ、南港の整備がほぼ完了
昭和48年

 北港地区の港湾整備事業に着手

   ⇒ 昭和56年度に供用開始
昭和49年  昭和49年12月の第1回地方港湾審議会において、漁船の大型化に伴う近代的な港湾建設の要望への
対応を骨子とした港湾計画の策定
昭和60年  昭和60年9月の第12回地方港湾審議会において、三陸沖合の好漁場を背景とした大型まき網船の利
用増加への対応を骨子とした港湾計画が改訂
昭和61年

 北港地区における漁船用大型岸壁(水深5.5m)の建設に着手

   ⇒ 昭和63年に供用開始
平成3年  平成3年1月の第16回地方港湾審議会において、(1)南港地区の老朽化した施設の再整備、
(2)北港地区の親水性緑地の整備を骨子とした港湾計画の改訂

 

写真:上空からの八木港

地図

このページに関するお問い合わせ

県土整備部 港湾課 港湾担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5913 ファクス番号:019-629-9130
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。