地域医療を考える~身近な取組で変えられること~

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1043282  更新日 令和3年5月19日

印刷大きな文字で印刷

かかりつけ医をもちましょう

「かかりつけ医」とは、家庭の日常的な診療や健康管理をしてくれる身近なお医者さんのことです。

いざという時に困らないためにも、自宅や職場の近くに「かかりつけ医」をもちましょう。

診療時間内での受診を心掛けましょう

夜間・休日の救急診療は、緊急性の高い患者を受け入れるためにあります。

緊急時を除き、平日の医療機関の診療時間内での受診を心掛けましょう。

お薬手帳を持ちましょう

「お薬手帳」とは、いつ、どこで、どんなお薬を処方してもらったかを記録しておく手帳のことです。

「お薬手帳」があることで、新しい医療機関を受診する時に、薬の重複やよくない飲み合わせを未然に防ぐことができます。

このページに関するお問い合わせ

沿岸広域振興局保健福祉環境部大船渡保健福祉環境センター・大船渡保健所  管理福祉課 管理福祉グループ
〒022-8502 岩手県大船渡市猪川町字前田6-1
電話番号:0192-27-9913(内線番号:246) ファクス番号:0192-27-4197
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。