【移住者インタビュー】最新号

ページ番号1053516  更新日 令和5年12月27日

印刷大きな文字で印刷

【第35回】OneTree cafe 佐々木 カイルさん、佐々木 カイル 耀子さん

『気仙地域での子育てと英会話カフェへの挑戦』

佐々木 カイル(ささき かいる)さん、佐々木 カイル 耀子(ささき かいる ようこ)さん
佐々木 カイルさん:オーストラリア シドニー州出身
佐々木 カイル 耀子さん:埼玉県出身
英会話カフェ
インタビュー実施日:2023年11月9日

ーご出身と現在の取組について教えてください。
(カイルさん)オーストラリアのシドニー出身です。大船渡市の盛町で英会話を学べるカフェ「OneTree cafe」        を営んでいます。


(耀子さん)埼玉県出身です。現在は他の会社に勤めながら、カフェの手伝いをしています。


ー大船渡市に移住する前はどのようなことをなさっていたのですか?
(カイルさん)オーストラリアで音楽関係のエンジニアをしていました。その後、1年ほど埼玉県に住んでいました。

(耀子さん)埼玉県で保育園に務めた後、ワーキングホリデーで英語を勉強しにオーストラリアに行っていました。その後、カイルさんと埼玉県に戻ってきました。


ー大船渡市への移住を考えたきっかけはどのようなことでしたか?
(カイルさん)

オーストラリアの自然豊かな土地で育った私にとって、埼玉県での暮らしは、人が多すぎて合わないなと感じることが多かったです。

佐々木さんの実家が大船渡市にあったこともあって、気仙地域に遊びに来ることが多かったのですが、大船渡市の自然や雰囲気に魅力を感じることが多かったです。


これから子育てをしていくことも考えた時に、大船渡で生活することに魅力を感じたことがきっかけです。

 

ー大船渡市に移住を決めたきっかけはどのようなことですか?
(カイルさん)

岩手県沿岸部の雄大な海や山に惹かれたことが大きいです。大船渡の他にも釜石市や陸前高田市も見ました。自然や人の温かさ、どこも素晴らしかったです。そんな中、佐々木さんの実家が大船渡市にあったこともあり、最終的に大船渡市に住むことを決めました。


沿岸部は、震災による被害で、人がどんどん離れていってしまっている印象で、それがすごく寂しかったです。人が戻ってきて、街全体がどんどん盛り上がっていってほしいと思ったことも理由です。


ー日本で暮らし、移住を検討する中で、実際に大船渡市に移住するまでにどのくらい時間をかけましたか?
(カイルさん)

気仙地域、釜石市などへの下見には3回行きました。冬は移動が大変なので気仙地域に来れていなかったのですが、気仙地域の冬はこんなに寒いものなのだと今ビックリしています!


移住を考えてから6か月目で実際に大船渡市に住み始めました。


ー現在、英会話カフェを営まれていますが、移住する前から挑戦したいと思っていたのですか?
(カイルさん)

オーストラリアにいる時から、カフェを営んでみたいなと考えていましたが、なかなか挑戦する機会がありませんでした。そんな中、日本に来た時に、「今やってみよう」と自分の意識とタイミングが合ったことがきっかけです。ちょうど大船渡市内の商店街に面した場所に貸店舗があったことも大きいです。

 

ーカフェを開くにあたって活用した補助金はありましたか?
(カイルさん) 

大船渡市の「大船渡市まちなか・商店街起業支援事業費補助金注」を利用し、市の方にサポートしていただきました。

ー移住してみて、大船渡市のいいところはどんなところだと感じますか?
(カイルさん) 

大船渡の街は静かでリラックスできる環境なのがいいですね。山とか海の景色が綺麗なところがすごくいいです。街の人が温かいなと感じることも多いです。


子育て面では、まだ分からないことも多いですが、自然いっぱいのこの場所で生まれたこの子が大きくなっていけることが嬉しいです。


この子が大きくなるまでは、大船渡の静かで自然豊かな環境で育ててあげたいし、大きくなった後に都会へ行きたいと言ったら、応援したいと思います。

text
子育てしていくうえで、自然豊かな大船渡はピッタリ、とカイルさん

 

ー大船渡市や日本の生活で驚いたことはありましたか?
(カイルさん)

食べ物や生活文化の違いはあるので、もちろん驚きを感じましたが、日本人は英語になじみ深いですし、街の案内や標識も英語の標記があるので、とても驚いたことはあまりなく馴染めました。


ただ、大船渡に来て、公共交通機関での移動が不便なことにはビックリしました。震災の被害があったので、難しいところがあるのも理解できますが、公共交通機関での移動が楽になったらいいなと感じます。


ー移住して改めて、大船渡はどんな街だと思いますか?
(カイルさん)

冬が寒い街ですね!
大船渡はすごく静かな街なので、静かな場所が好きな僕にとっては、とても住みやすい街で好きです。

 

ーそんな大船渡で好きな景色はどこですか?
(カイルさん)

一番好きなのは大船渡市の夏虫山の山頂からの景色です。とても綺麗で感動的です。
ほかには、碁石海岸や住田町の種山星座の森キャンプ場からの景色も綺麗で、雄大な自然が大好きです。

view1
夏虫山(大船渡市)の山頂からの景色
view2
碁石海岸(大船渡市)からの景色

 

ー地域とのコミュニティづくりは苦労されましたか?
(カイルさん) 耀子さんの通訳があるので、ご近所付き合いやコミュニケーションなど、ある程度円滑に暮らしができていますが、もし耀子さんのように通訳してくれる人が身の回りにいなかったら、かなり生活が難しかったと思います。これからもっと地域の方と仲良くなれるように、日本語の勉強も頑張っていきたいです。


ー「OneTree cafe」について教えてください!
(カイルさん)

「OneTree cafe」のコンセプトはオーストラリアスタイルのカフェで、そこで英会話教室を開いています。英会話教室は月曜日から木曜日までやっていて、金曜日から日曜日はカフェを開いています。


普段来店してくださる方は、地元の方が多いですね。英会話では30~40代の方の来店が多いほか、地元の高校生にも利用していただいています。カフェタイムでは若い方、ご年配の方、ご家族連れの方など、幅広い方に来ていただいています。


地元の方に利用していただくほかにも、大船渡市外や岩手県外の方にもぜひ来ていただきたいです。
もっと大きいことですと、海外からの観光客の方にも来ていただいて、商店街ににぎわいを作りたいです。

image3

ーこれからの目標を教えてください!
(カイルさん)

この「OneTree cafe」をよりたくさんの方に利用していただくことのほかに、あと5年後くらいには、今のカフェのような形態とは限りませんが、もう1つお店を出して、この商店街に多くの人が来ていただけることが目標です!


ー移住を考えている人にメッセージをお願いします!
(カイルさん)

大船渡市は、雄大な自然があり、子育て世代にとてもいい環境だと思います。他にも、新しく事業を起こしたい人にとってもいい環境だと思うので、ユニークな発想をお持ちの方にもぜひ来ていただきたいです!

お店紹介

OneTree cafe(ワンツリーカフェ)

image4

住  所 岩手県大船渡市盛町木町9-15
営業時間 金曜日~日曜日 10時00分~18時00分
    (月曜日から木曜日は英会話レッスン)
電話番号 090-3599-3779

このページに関するお問い合わせ

沿岸広域振興局経営企画部大船渡地域振興センター  地域振興課
〒022-8502 岩手県大船渡市猪川町字前田6-1
電話番号:0192-27-9911(内線番号:305) ファクス番号:0192-27-1395
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。