宮古圏域入退院調整支援ガイドライン

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1014141  更新日 令和3年3月31日

印刷大きな文字で印刷

平成27年3月、高齢者が退院する際の当圏域における連絡調整ルールを策定しました。

医療と介護の連携

 宮古圏域においては、少子高齢化の進展に伴う医療・介護需要の増大と人材確保の問題に加え、東日本大震災による被災高齢者が、今後、応急仮設住宅から災害公営住宅等へ移転することに伴う新たな地域コミュニティの形成やその見守り支援体制の構築など、多くの課題を抱えており、医療と介護が広域的かつ組織的に連携し、地域の高齢者の生活を支えていくことが重要となっています。

 宮古保健所では、平成26年度、県央保健所とともに厚生労働省の「都道府県医療介護連携調整実証事業」に参加し、病院や介護関係機関、地域包括支援センターを中心とする市町村等の協力のもと、厚生労働省や県庁長寿社会課の支援を得ながら、「宮古圏域における入退院調整支援のルールづくり」に取り組みました。

 経過については、以下のとおりですが、管内5病院の関係者及び約50名のケアマネジャーが協議を重ね、高齢者が退院する際に、病院と自宅との間の円滑な移行を図るための連絡調整ルールとして「宮古圏域入退院調整支援ガイドライン」を平成27年3月に策定したところです。

 当ガイドラインは、平成27年4月から運用し、年2回程度の関係者による協議を実施しながら、医療と介護の連携を推進していくこととしておりますので、関係者の皆様のご協力をお願いいたします。

 (注)平成29年3月から、各病院の窓口を改正しました(添付ファイルは改正後のもの)。

検討の経過
年月日 事項等
平成26年5~6月 各病院長及び看護師長訪問
医師会、ケアマネ協議会説明
平成26年8月5日 第1回医療部会 31名出席
平成26年9月 各病院原案(窓口等)検討
平成26年9月11日 第1回介護部会 50名出席
平成26年10月17日 第2回介護部会 45名出席
平成26年12月1日 第1回医療介護合同会議 39名出席
平成27年1月23日 第1回ワーキンググループ 15名出席
平成27年2月12日 第2回ワーキンググループ 16名出席
平成27年3月4日 第2回合同会議・報告会 68名出席
平成27年4月1日 ガイドライン運用開始
平成27年6月23日 第1回合同会議 35名出席
平成28年1月15日 第2回合同会議 45名出席 (注)カイドラインの見直し検討
平成28年8月4日 第1回合同会議 46名出席
平成29年2月10日

第2回合同会議 38名出席

平成29年8月24日 第1回合同会議 52名出席
平成30年3月5日

第2回合同会議 69名出席

平成30年9月3日

第1回合同会議 38名出席

令和2年1月14日 合同会議 29名出席
令和3年3月 書面開催

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

沿岸広域振興局保健福祉環境部宮古保健福祉環境センター・宮古保健所  管理課 管理チーム
〒027-0072 岩手県宮古市五月町1-20
電話番号:0193-64-2218(内線番号:244) ファクス番号:0193-63-5602
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。