岩手県スマート農業事例集

ページ番号2003505  更新日 令和5年3月27日

印刷大きな文字で印刷

岩手県スマート農業事例集

1.はじめに

 国は、食料・農業・農村基本計画において、生産性の大幅な向上、需要への的確な対応等を促進するため、ロボット技術やICTを活用して超省力・高品質生産を実現するための新たな農業を「スマート農業」として位置づけ、先端技術等を応用した技術開発と現場への普及を進めるとしています。

 岩手県では、「いわて県民計画(2019~2028)」において「農林水産業高度化推進プロジェクト」を掲げ、情報通信技術(ICT)やロボット等の最先端技術を最大限に活用した生産現場のイノベーションによる飛躍的な生産性の向上を図り、収益性の高い農業の実現を目指すこととしています。県では、これまでに「いわてスマート農業祭」や各地での実演会の開催、国のスマート農業実証プロジェクトの取組を通じて、スマート農業について「知る」「試す」機会を積み重ね、「いわてスマート農業推進シンポジウム」などで情報共有を図ってきました。

 今後、スマート農業技術の「導入」を推進していくため、これまでの実証結果やスマート農業技術の製品、サービスについて整理し、導入推進の手引きとして取りまとめました。

 なお、本事例集は、令和4年度普及指導員調査研究「県内の実情に即したスマート農業技術の整理・収集」の活動成果です。また、事例集の編纂にあたり、全国農業協同組合連合会岩手県本部営農支援部の協力をいただきました。

2. 注意点

  • 本事例集に記載している技術、製品、サービス、価格等は、原稿執筆時点のものであるため、詳細については、製造元や販売代理店などにお問い合せください。
  • 本事例集は、スマート農業技術について広く知っていただくことを目的としたものであり、技術の効果等や優劣を示すものではありません。
  • 製品によっては、本体価格に加え、利用料や通信料などのランニングコストや初期セットアップ、設置施工費等が別途必要となる場合があります。

3. 改訂履歴

2021年3月30日 Ver2公開
2022年7月20日 Ver2.5へ改訂(活用事例の追加、軽微な表現等の修正)
2023年3月27日

Ver3.0へ改訂(活用事例の加除更新、導入目安、アンケート調査結果の追加)

抜粋版を公開(Ver3.0の個別技術の事例について、1事例をA4横1ページにまとめたもの)

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

農林水産部 農業普及技術課 農業革新支援担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5652 ファクス番号:019-629-5664
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。