パターン1:つきまとい・待ち伏せ・押しかけ・うろつき

ページ番号3000287  更新日 令和3年10月19日

印刷大きな文字で印刷

つきまとい、待ち伏せし、進路に立ちふさがり、住居、勤務先、学校その他その現に所在する場所若しくは通常所在する場所(以下「住居等」という。)の付近において見張りをし、住居等に押し掛ける又は住居等の付近をみだりにうろつくこと。

イラスト:つきまといの様子

例として、次のような行動が挙げられます。

  • あなたを尾行し、つきまとう。
  • あなたの進路に立ちふさがる。
  • あなたの自宅や職場、学校などの付近で見張りをしている。
  • あなたの自宅や職場、学校等の付近をうろつく。
  • あなたの自宅や職場、学校などに押しかける。
  • あなたが現にいる場所を見張り、うろつき、又はそこに押しかける。

自己防衛対策

つきまといは、暴行や強制わいせつなどの重大犯罪にエスカレートする可能性があります。

  • 不安なときは、タクシーなどを利用する。
  • 防犯ブザーなどの護身用品を携帯する。
  • 一人で悩まず、警察や信頼できる人に相談する。
  • 携帯電話は、いつでも110番できるようにしておく。
  • 万一の場合は、警察や近隣の人に助けを求める。

注:一人暮らしの女性の場合は、

  • ドアや窓にはドアスコープと二重鍵を
  • ドアを開けるときは周囲に注意を
  • 不審者がいるときは助けを呼ぶ

このページに関するお問い合わせ

岩手県警察本部 警務部 県民課
〒020-8540 岩手県盛岡市内丸8-10
電話番号:019-653-0110
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。