運転免許証の暗証番号の取扱いについて

ページ番号3000519  更新日 令和4年6月21日

印刷大きな文字で印刷

運転免許証の暗証番号の選び方について

暗証番号の必要性

ICチップに記録されている情報を本人の同意なしに読み取られること(スキミング)を防止するために、暗証番号を設定する必要があります。

暗証番号1は、券面記載情報を読み出し

暗証番号1は、券面に記載されている情報しか読み出せないので、券面に記載されている運転免許証番号を利用することが便利です。

暗証番号2は、顔画像と本籍を読み出し

暗証番号2は、顔写真のほか、券面に記載されていない本籍をICチップから読み出します。

本籍情報は、提供する相手を見極めてから提供できるよう、暗証番号2は、本人しか知り得ない秘密番号を設定しましょう。

また、暗証番号2は、推測されやすい生年月日、電話番号等から選び出すことを避けるとともに、キャッシュカードやクレジットカードなどの暗証番号とも異なる番号にしましょう。

ICチップに記録された情報の確認

ICチップに記録されている情報は、運転免許センターなどの警察施設に設置されている読取り装置を使用して、自由に読み出し確認することが可能です。

問い合わせ先

岩手県警察本部交通部運転免許課
盛岡運転免許センター
電話番号:019-606-1251

運転免許証の暗証番号の取扱いについて

暗証番号を忘れないよう暗証番号の記録紙を大切に保管しましょう

運転免許証の暗証番号は、ICチップ内のデータを読み取るときに必要なものです。
市区町村や銀行など民間の窓口において、運転免許証を身分証明書として活用する場合に、暗証番号の入力が必要な場合があります。
暗証番号を忘れないよう、運転免許証交付時にお渡しした暗証番号の記録紙を大切に保管してください。

暗証番号を忘れた場合、警察に照会できます。

運転免許証の暗証番号を忘れた場合は、次の場所で照会できます。
回答のためには、本人確認が必要ですから、運転免許証を持参してください。代理は認められません。

  • 岩手県内の各運転免許センター及び自動車運転免許試験場
  • 県内の警察署(釜石警察署及び久慈警察署を除く。)

注:取扱時間
月曜日から金曜日(祝日・振替休日・12月29日~1月3日を除く。)
午前9時00分~午後5時00分

暗証番号の入力を3回続けて間違うとデータを読み出すことができなくなります(暗証番号の閉塞といいます)

暗証番号の入力を2回続けて間違えた場合で、暗証番号を忘れた場合は、警察に照会しましょう。

正しい暗証番号を入力すれば、閉塞の条件がクリアされますので、照会の時に、出向いた警察施設において、来場者用の読取り装置がある場合は、正しい暗証番号を入力してください。

また、暗証番号を3回続けて間違え、データが読み出せなくなった場合は、次の場所で解除できます。
解除を申請する場合は、本人確認が必要ですから、運転免許証を持参してください。代理は認められません。

  • 岩手県内の各運転免許センター及び自動車運転免許試験場
  • 県内の警察署(釜石警察署及び久慈警察署を除く。)

注:取扱時間月曜日から金曜日(祝日・振替休日・12月29日~1月3日を除く。)
午前9時00分~午後5時00分

問い合わせ先

岩手県警察本部交通部運転免許課
盛岡運転免許センター
電話番号:019-606-1251

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

岩手県警察本部 交通部 運転免許課
〒020-0045 岩手県盛岡市盛岡駅西通1-7-1(アイーナ)1階
電話番号:019-606-1251
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。