農業女子グループ「3ちゃん・矢次」の取組を紹介!

ページ番号2001547  更新日 令和3年1月14日

印刷大きな文字で印刷

矢巾町は全国でも有数の米どころ、そんな肥沃な大地で大豆と米を育て、先人達の知恵を生かして20年前、9人のお母さん達で手作り味噌をつくりました。

「ばあちゃんの知恵、とうちゃんの誇り、かあちゃんの愛情」の3ちゃんの元、農作業の時はいつも笑いが絶えません。

東日本大震災後、三陸沿岸を元気にしたいという想いから始まった交流で、山田町の茎わかめと矢巾町「3ちゃん・矢次」の味噌が出逢いました。

「美味しいものを食べさせたい」その想いは、海のかあちゃんも畑のかあちゃんもみんな同じ。

令和2年度、幸せ創る女性農林漁業者育成事業を活用して商品開発を進め、「茎わかめの味噌漬け」ができました。

春になり、わかめの旬がきたら販売を開始します。

ぜひお手に取ってご賞味ください。

味噌の風味と茎わかめのコリコリ食感、「美味しい」という皆さんの笑顔が、かあちゃん達の元気の源です。

 

(記事:盛岡農業改良普及センター)

画像
商品開発をした「海、畑かあちゃんの愛情 茎わかめの味噌漬け」
写真
山田町商工会女性部の皆さんと。新商品「茎わかめの味噌漬け」のご報告を兼ね、交流しました。
画像
山田町内のスーパーで試食パックを配布し、町民の皆さんにも新商品をPRしました。
画像
通常の3ちゃんの商品ラインナップ(手づくり味噌、ご飯味噌、健康仕込み味噌、がんづき)

このページに関するお問い合わせ

盛岡農業改良普及センター
〒020-0023 岩手県盛岡市内丸11-1
電話番号:019-629-6730 ファクス番号:019-629-6739
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。