エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • トップページ
  • 震災復興
  • くらし・環境
  • 産業・雇用
  • 県土づくり
  • 教育・文化
  • 県政情報

現在の位置 :  トップページ  ›  >県土づくり ›  都市計画・下水道  ›  下水道  ›  北上川上流流域下水道事務所  ›  胆江処理区


ここから本文です。

胆江処理区

ID番号 N8597 更新日 平成30年1月19日

北上川上流流域下水道 胆江処理区

胆江処理区は、奥州市及び金ケ崎町の1市1町を対象としており、計画面積約3.8千ヘクタール、計画処理人口約6万人で、市町が運営する公共下水道からの汚水約3.1万立方メートル(1日あたり)を水沢浄化センターで処理することになっています。

事業は昭和61年に着手し、平成4年から奥州市水沢区(旧水沢市)・江刺区(旧江刺市)、平成5年から金ケ崎町、平成10年から奥州市胆沢区(旧胆沢町)でそれぞれ供用が開始されています。

全体計画

計画面積:3,779ヘクタール
計画処理人口:64.3千人
計画処理水量:30.8千立方メートル(1日あたり最大)
管渠延長:20.7キロメートル
ポンプ場数:2箇所
処理場名称:水沢浄化センター
処理場位置:奥州市水沢区姉体町字南新田下234
処理場面積:67,080平方メートル
処理方法:標準活性汚泥法
放流先:北上川
関係市町村:奥州市、金ケ崎町
事業年度:昭和61年度から平成42年度

事業計画(平成29年12月12日)

計画面積:3,189ヘクタール
計画処理人口:63.7千人
計画処理水量:28.1千立方メートル(1日あたり最大)
管渠延長:20.7キロメートル
ポンプ場数:2箇所
処理場名称:水沢浄化センター
処理場位置:奥州市水沢区姉体町字南新田下234
処理場面積:67,080平方メートル
処理方法:標準活性汚泥法
放流先:北上川
関係市町村:奥州市、金ケ崎町
事業年度:昭和61年度から平成36年度

現況(平成28年度末)

面積:2,233ヘクタール
処理人口:57.1千人
処理水量:14.6千立方メートル(1日平均)
管渠延長:20.7キロメートル
ポンプ場数:2箇所
処理場名称:水沢浄化センター
処理場位置:奥州市水沢区姉体町字南新田下234
処理場面積:67,080平方メートル
処理方法:標準活性汚泥法
放流先:北上川
関係市町村:奥州市、金ケ崎町

添付ファイル

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

北上川上流流域下水道事務所 工務課 施設整備グループ
〒020-0832 岩手県盛岡市東見前3-10-2
電話番号:019-638-2673 ファクス番号:019-638-2622
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。




Copyright (C) Iwate Prefecture Government All Rights Reserved.