【取扱いの拡大】東日本大震災津波からの復旧・復興工事における既設労働者宿舎の取扱いについて

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1008885  更新日 平成26年12月12日

印刷大きな文字で印刷

 復旧・復興工事を円滑に進めるため、施工体制を確保する必要があることから、「東日本大震災の復旧・復興事業における労働者宿舎設置に関する試行要領」(以下「試行要領」という。)を平成25年8月19日付け定めたところです。

試行要領:

 今般、既設労働者宿舎を試行要領の対象とする場合の取扱いについて、下記のとおり定めましたのでお知らせします。

本取扱いの対象

 試行要領適用日以降に工事請負契約を締結した工事において利用するリース契約中 (予定も含む。) の既設労働者宿舎

本取扱いの適用日

 既設労働者宿舎について、試行要領第2項(3)による協議を平成26年12月12日以降にする工事から適用

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

農林水産部 農村計画課 技術指導担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5667 ファクス番号:019-629-5679
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。