令和2年度県産農林水産物学校給食提供緊急対策事業について

ページ番号1046141  更新日 令和3年8月18日

印刷大きな文字で印刷

令和2年度県産農林水産物学校給食提供緊急対策事業について

 令和2年度、新型コロナウイルス感染症の影響により消費が減少した県産の牛肉や地鶏肉「南部かしわ」について、消費の拡大と食育の実施による県産食材への理解醸成を目的として、岩手県内の小中学校等の学校給食へ食材提供を行いました。

 提供された牛肉は、ステーキやビーフストロガノフ、牛丼などに、南部かしわは、郷土料理のひっつみ汁や親子丼、つくねなどに調理されました。児童・生徒たちは、料理のおいしさとともに岩手県の食材の豊かさを実感した様子でした。

 これからも、美味しいお肉をたくさん食べて、県内の生産者を応援しましょう。

 

事業概要

1 事業内容

  県内の希望する小中学校等の学校給食に対して、

 ・ 牛肉は、一人当たり1回100gまで、合計300gを上限に提供

 ・ 南部かしわは、一人当たり合計150gを上限に提供

   (牛肉は1,000円/100g、南部かしわは296円/100gを上限に補助)

 ・ 岩手県の銘柄牛である「いわて牛」や地鶏の「南部かしわ」に関する食育を実施

2 事業取組主体

     牛肉:全国農業協同組合連合会岩手県本部

   南部かしわ:西和賀町、岩手県食肉事業協同組合連合会

3 給食への食材提供期間

  令和2年7月から令和3年2月まで

4 対象

  実施学校数

  ・ 牛肉   495校

  ・ 南部かしわ 109校

  注 県内の小学校や中学校のほか、特別支援学校や給食センターから給食が提供されている幼稚園、高等学校

    などが対象

  提供人数

  ・ 牛肉   延べ 358,571人 

  ・ 南部かしわ 延べ  33,344人

5 提供総重量 

 ・ 牛肉 14,612kg 

 ・ 南部かしわ  897kg

2020 Iwate Prefecture Project for Providing Local Produce in School Lunches

The COVID-19 pandemic that first struck the world in 2020 has decreased the consumption rate of locally produced beef and Nanbukashiwa chicken. Therefore, in order to increase the consumption rate and cultivate a better understanding of local products through food education, the local beef and Nanbukashiwa chicken were served in school lunches at various elementary and junior high schools across the prefecture. This was part of the 2020 Iwate Prefecture Emergency Measures Project.

The Iwate beef was used in dishes such as steak, beef stroganoff, and gyu-don (beef bowl), while the Nanbukashiwa chicken was served in a traditional dish called Hittsumi-jiru soup, oyako-don (chicken and egg bowl), a tsukune (chicken meatball), and others. The students savored the delicious meals as they learned about the rich variety of Iwate products.  

Let us continue to eat a lot of delicious meat to support the local producers.

 

Overview of the Project

1 Details

  Amount served at the schools that have requested for special meals:

 ・ Iwate Beef – 100g per person for one meal, total 300g maximum 

 ・ Nanbukashiwa – 150g maximum per person

   (Maximum 1,000-yen/100g for local beef and 296-yen/100g for Nanbu Kashiwa were 

        subsidized).

 ・ Food education on Iwate Beef, a brand beef of Iwate, and Nanbu Kashiwa was conducted.

2 Primarily organized by

    Iwate Beef : National Federation of Agricultural Cooperatives – Iwate Prefectural Headquarters

      Nanbukashiwa : Nishiwaga Town, Iwate Meat Industry Cooperative Association

3 Period

   July 2020 to February 2021

4 Target audience

     Number of schools

   ・ Iwate Beef - 495 schools

   ・ Nanbukashiwa - 109 schools

       * In addition to elementary and junior high schools,  meals were provided to special

            education schools,  kindergartens, and high schools, where the School Lunch Center had

            provided lunch.

      Number of students

   ・ Iwate Beef – Total 358,571 students

   ・ Nanbukashiwa – Total 33,344 students

5 Total weight amount 

   ・ Iwate Beef – 14,612kg 

   ・ Nanbukashiwa – 897kg

給食事業

食育教材
食育教材(DVD、リーフレット)
Materials used for food education( DVD and Pamphlet)

このページに関するお問い合わせ

農林水産部 流通課 流通改善担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5736 ファクス番号:019-651-7172
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。