農林水産物等直売施設実態調査の結果(令和2年度実績)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1049005  更新日 令和4年1月6日

印刷大きな文字で印刷

産直実態調査(令和2年度実績)の結果概要

1 調査の概要

  1. 調査対象時期 令和2年4月から令和3年3月まで
  2. 調査対象施設 令和3年4月1日時点で営業している有人の産地直売施設 260か所
  3. 回答施設数 217か所(回答率 83.5%)

2 調査の目的

 産地直売施設(以下「直売所」という。)は、地元で生産された新鮮な農産物や加工品等を、生産者自らが直接販売する場にとどまらず、商品等を介して消費者と交流する場でもあり、いわて地産地消推進運動の拠点として重要な役割を担っています。
 また、加工施設やレストランなど施設の複合化をはじめ、学校等の給食への食材供給や配食サービス、宅配、IT活用等による販路拡大など、経営の多角化を志向する動きが見られる一方で、商品の品揃えや品質の向上、加工品の開発、接客サービスの向上など、様々な課題を抱えている直売所もあります。
 本調査は、こうした県内の直売所の運営状況や課題、今後の意向等を把握し、直売所の多面的な役割や機能を明らかにするとともに、その事業展開を的確に支援することを目的に実施したものです。

3 調査結果の概要

産地直売施設数は260施設(対前年比-11施設)

全体売上額は135.5億円(同+0.1億円)、1施設あたりの売上額は66,751千円(同+5,497千円)でともに増加した。

全体利用者数は16,300千人(同-1,003千人)で減少し、1施設あたりの利用者数は101.9千人(同+4.6千人)で増加した。

詳細は添付資料をご参照ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

農林水産部 流通課 6次産業化推進担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5732 ファクス番号:019-651-7172
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。