「東京2020オリンピック・パラリンピック県産農林水産物利活用促進セミナー」の開催(平成30年11月)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1016649  更新日 平成31年2月20日

印刷大きな文字で印刷

東京2020大会を契機とした県産農林水産物の利活用促進に向けて、GAP等の認証取得や事業者間のマッチング支援などの取組強化の機運を醸成するため、標記セミナーを平成30年11月22日に盛岡市内で開催し、県、市町村、関係団体、GAP等に取り組む生産者等80名が参加しました。

セミナーでは、講師に内閣官房オリパラ推進本部事務局の勝野参事官を迎え、「2020年に向けた食文化発信の取組について~持続可能性に配慮した食材調達の動き~」と題し、過去の大会での飲食提供の様子、東京大会での食材の調達基準の解説、全国のGAPの取組状況、ホストタウンの取組と連携したPR方法などについてご説明をいただきました。

また、情報提供として、公益財団法人東京都中小企業振興公社から「ビジネスチャンス・ナビ2020」の活用方法について、盛岡市からホストタウンにおける事前キャンプでの食材提供等の取組についてご紹介をいただくとともに、本県からも県の取組を説明いたしました。

引き続き、本県では、大会への県産農林水産物の供給に向けた取組を、関係機関・団体と連携しながら、積極的に進めていきます。

写真:セミナーの様子1

写真:セミナーの様子2
(勝野参事官の講演の様子)

このページに関するお問い合わせ

農林水産部 農林水産企画室 企画担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5622 ファクス番号:019-629-5769
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。