米価下落の影響を受けた農業者向けの資金

ページ番号1048046  更新日 令和3年11月18日

印刷大きな文字で印刷

 令和3年産米の価格低下の影響を受けた農業者の方が借りることができる資金について紹介します。

JA交付金等つなぎ資金(無利子)

 令和3年度米の収入減少影響緩和交付金(ナラシ)の交付対象者に対し、ナラシ受領までの間のつなぎ資金をJAが融資します。県では、「JA交付金等つなぎ資金」を無利子とするため、JAグループと連携して利子補給を行います。

1 貸付対象者

(1)農協の組合員(正組合員・准組合員)であること

(2)農業を営み、又は従事していること

(3)米の収入減少影響緩和交付金(ナラシ対策)の交付対象であることが明らかであること

2 貸付条件

(1) 貸付利率  無利子

(2) 貸付限度額 ナラシ対策交付金の交付相当額

(3) 貸付期間  1年以内(ナラシ対策交付金が口座に入金後、速やかに償還)

(4) 保証等   原則、無担保・無保証人

3 取扱融資機関

農業協同組合

4 その他

借入については、最寄りのJAへご相談ください。

農林漁業セーフティネット資金

 米価下落の影響を受けている農業者に対し、株式会社日本政策金融公庫が運転資金等を融資します。

 令和3年12月31日までに公庫が借入申込みを受けた場合、貸付当初5年間無利子、実質無担保・無保証人等の特例措置を受けることができます。

農業経営負担軽減支援資金

 米価下落の影響等の経済環境等の変化によって、営農負債の償還が困難となった農業者に対し、償還の負担を軽減するための「営農負債の借換資金」です。

 貸付当初5年間無利子及び保証料免除、実質無担保化等の特例措置があります(令和3年度)。

 借入に関しては、取扱融資機関(JA、銀行等)へご相談ください。

関連情報

米価下落に関する相談窓口

県では、米価下落により影響を受ける農業者からの相談に対応するため、広域振興局、農業改良普及センター及び県庁に相談窓口を設置しています。

このページに関するお問い合わせ

農林水産部 団体指導課 金融共済担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5699 ファクス番号:019-629-5704
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。