「醸造用ぶどう栽培技術フォローアップ講座」が開催されました

ページ番号1030462  更新日 令和2年6月8日

印刷大きな文字で印刷

 岩手県では、平成29年度から醸造用ぶどうの生産振興や県産ワインの生産拡大・販売・PR等に取り組む「いわてワインヒルズ推進事業」を実施しており、その一環として醸造用ぶどう栽培に必要な知識・技能の習得を目的とした「醸造用ぶどう栽培技術フォローアップ講座」を開催しています。

 令和2年度の開講式および第1回講座は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、当初より遅らせ5月21日に第2回講座と併せて開催されました。

 当日は、農業研究センター(北上市)を会場として、苗木の植栽方法や芽かき、新梢管理についてのカリキュラムを実施しました。受講者は熱心に座学とぶどう圃場における植栽等の実習に臨み、理解を深めながら質問や意見なども活発に交わしていました。

 本講座は、主要な醸造用ぶどうの栽培管理技術の講義を中心として、令和3年2月まで計7回開催する予定です。

(園芸技術研究部果樹研究室 専門研究員 遊佐 公哉)

  • 座額の様子の写真

    石川果樹研究室長による座学

  • ぶどう圃場での実習の様子の写真

    ぶどう圃場での実習の様子(芽かき)

このページに関するお問い合わせ

岩手県農業研究センター 園芸技術研究部 果樹研究室
〒024-0003 岩手県北上市成田20-1
電話番号:0197-68-4417 ファクス番号:0197-71-1083
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。