自動操舵で作業が楽になりソウダ!~ 県北農業研究所で自動操舵研修会を開催

ページ番号1034621  更新日 令和2年11月11日

印刷大きな文字で印刷

 県北農業研究所では、北いわて地域でのスマート農業技術の普及に向けた検討を行う「北いわてスマート農業サロン」に参画し、技術実証や地域関係者との意見交換を開始しています。

 作物研究室ではスマート農業技術のうち、高精度な衛星測位を活用しトラクタ等のハンドル操作を自動化する「自動操舵技術」の実証研究に取り組むこととし、研究所内に「RTK-GNSS基地局」や「自動操舵トラクタ」等の実証機器の導入を進めています。

 去る10月29日、自動操舵技術をテーマにした研修会を開催し、地域の農業者・関係者約50名が参加しました。研修会では、自動操舵技術の基礎知識や導入効果について説明するとともに、圃場での作業の様子を見ていただきました。参加者からは「実際に作業の様子を見られる機会があるのは、技術導入を検討する参考になって良かった」との声が聞かれ、担当者としてもこの取組の意義を改めて感じました。

 北いわて地域での自動操舵技術の活用には圃場環境等の面で様々な課題が想定されますが、地域の農業関係者と議論を交わしながら、この技術の普及に向けた研究に令和3年度から本格的に取り組んでいきます。

(県北農業研究所作物研究室 主査専門研究員 菅 広和)

  • 研修会の様子の写真

    参加者多数で自動操舵技術への関心の高さがうかがえました

  • 自動操舵トラクタのデモ中の写真

    自動操舵トラクタを用いて播種作業と中耕・除草作業のデモを行いました

このページに関するお問い合わせ

岩手県農業研究センター 県北農業研究所 作物研究室
〒028-6222 岩手県九戸郡軽米町大字山内23-9-1
電話番号:0195-47-1073 ファクス番号:0195-49-3011
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。