「いわてものづくり産業人材育成・確保・定着指針」の策定について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1008966  更新日 令和1年11月29日

印刷大きな文字で印刷

岩手県では、ものづくり産業人材の育成と確保・定着を継続的・重点的に実行するため、産学行政が一体となって実施すべき取組の方針を示し、県内関係機関をつなぐ共通指針として、「いわてものづくり産業人材育成・確保・定着指針」を策定しました。

指針の概要

指針策定の目的

国際競争力が高く、地域の産業・雇用に好循環をもたらすものづくり産業の振興に向けて重要な鍵となるものづくり産業人材の育成と確保・定着を継続的・重点的に実行するため、産学行政が一体となって実施すべき取組の方針を示し、県内関係機関をつなぐ共通指針として策定したもの。

取組期間

令和元年度から令和4年度(4年間)

目指す姿

「世界最先端のものづくり」を創造し、支える人材をオール岩手で育成・確保・定着

目指す姿を実現するための取組方針

次の3つの取組方針に基づき、「小中学生」、「高校生」、「大学生等」、「企業人」の各ステージで、ものづくり産業人材の育成と確保・定着の取組を推進する。

取組方針1 : 全県を挙げた人材育成の推進

県全体で優れたものづくり人材を継続的に育成・輩出するため、地域の産業特性や地域課題等に考慮しつつ、各地域ものづくりネットワークが取組の横展開を図るなど、そのノウハウを共有し、より連携・協力して取り組む。

取組方針2 : 高度技術者・技能者の育成の推進

企業における高度技術者・技能者の需要と重要性の高まりに対応するため、関係機関の取組が県全体で相乗効果が発揮されるよう、役割の明確化と産学行政の連携強化により取り組む。

取組方針3 : 県内定着及びU・Iターンの促進

企業・教育機関・行政が一丸となって、県内ものづくり企業や産業への理解を深める機会の創出と、企業における生産性の向上や働き方改革推進による魅力や価値の向上による人材の県内定着及びU・Iターンの促進に取り組む。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

商工労働観光部 ものづくり自動車産業振興室 産業集積推進担当
〒024-0051 岩手県北上市相去町山田2-18
電話番号:0197-67-5922 ファクス番号:0197-67-5925
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。