次世代育成支援対策推進法が変わります(平成27年4月1日施行)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1009413  更新日 平成27年1月14日

印刷大きな文字で印刷

主な改正点

(1) 法律の適用期間が平成37年3月末まで10年間延長されます!(施行済)

引きつづき、次世代法に基づき、事業主は、労働者の仕事と子育ての両立のための「一般事業主行動計画」を策定し、岩手労働局への届出をする必要があります。

(従業員数101人以上の企業は義務、100人以下の企業は努力義務)

(2) 新たな認定(特例認定)制度が創設されます!(プラチナくるみん)

くるみん認定を受けた企業のうち、特に次世代育成支援対策の実施の状況が優良な企業に対する新たな認定制度が創設されます。

くるみん認定を受けると

  • 建物等の割増償却をすることができる税制優遇措置を受けることができます。下記パンフレットで税制優遇措置について紹介しています。
  • また、自社商品、広告、求人広告に使用することできますので、企業のイメージアップ優秀な人材の採用・定着が期待されます。

プラチナくるみんロゴマーク

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

商工労働観光部 定住推進・雇用労働室 労働担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5585 ファクス番号:019-629-5589
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。