全国障害者技能競技大会(全国アビリンピック)について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1009451  更新日 令和1年12月2日

印刷大きな文字で印刷

全国障害者技能競技大会(全国アビリンピック)とは

 全国障害者技能競技大会(全国アビリンピック)は、障がいのある方々が日頃培った技能を競い合う大会であって、企業や一般の方々に障がい者への理解と認識を深め、その雇用の促進等を図ることを目的として毎年開催されています(国際アビリンピック開催年は休止)。

 参加資格は大会開催年度に15歳以上であることが条件となっています。また、国際大会が開催される前の年は、国際大会への派遣選考会も兼ねています。
 全国大会出場選手は、岩手県障がい者技能競技大会(チャレンジいわてアビリンピック)で優秀な成績を収めた選手が推薦され、出場します。

大会名称について

 大会の正式な名称は「全国障害者技能競技大会」ですが、親しみやすいものとするため、愛称として「アビリンピック」を使っています。
  「アビリンピック」(ABILYMPICS)は、「アビリティ」(ABILITY・能力)と「オリンピック」(OLYMPICS)を合わせたものです。

第39回全国障害者技能競技大会(全国アビリンピック)について

1 主催

 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構、愛知県

2 開催期間

 令和元年11月15日(金曜日)~17日(日曜日)

3 開催場所

 愛知県常滑市

4 実施種目

 ビルクリーニング種目、ワード・プロセッサ種目、喫茶サービス種目等、23種目

5 参加選手数

 382名

6 岩手県選手団成績

本県から出場した8種目8名のうち、本大会において9年ぶりとなる金メダル1個を含む2個のメダルを獲得しました。

金賞

 縫製種目、中村江里奈(株式会社二戸ファッションセンター)

銅賞

 木工種目、桑田翔太(岩手県立盛岡峰南高等支援学校)

7 今後の開催予定

 令和2年:愛知県、令和2年11月13日(金曜日)~15日(日曜日)

 令和3年:東京都

 (注)大会に関するお問い合わせは、独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構岩手支部又は下記の定住推進・雇用労働室 労働担当までお願いします。

このページに関するお問い合わせ

商工労働観光部 定住推進・雇用労働室 労働担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5585 ファクス番号:019-629-5589
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。