流域情報ネットワーク

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1012495 

印刷大きな文字で印刷

「実践!北上川上流域の森・里・川を守る取組み」について

ふるさとの森・里・川を守り育てる活動応援キャラクター
ふるさとの森・里・川を守り育てる活動応援キャラクター りぱ~るくん

環境イベント「実践!北上川上流域の森・里・川を守る取組み」開催!

令和元年度は盛岡東圏域である紫波町(オガールエリア)にて集会を開催し、地域の皆様と環境保全にかかる情報交換を行いました。

セミナー
水分森林づくり推進協議会 代表 鷹木嘉孝氏からの発表の様子です。

 最初に水分森林づくり推進協議会 代表 鷹木嘉孝氏より、「あづまね山里山づくり」についての講演、その後、地域で活躍する環境保全団体2団体(特定非営利活動法人紫波みらい研究所、盛岡信用金庫)より、活動状況の発表がありました。住民、環境保全団体、事業者、行政が一体となって、地域の豊かな自然を守っています。

また、当日は、「地球温暖化防ごう隊」の活動に取り組んでいる紫波町立水分小学校 5年生13名への表彰式や令和元年度りぱ~るくん郷づくりパートナー認定交付式も開催しました。

保全活動事例発表
NPO法人紫波みらい研究所 副理事長 八重畑祐見子氏より、「親子での体験から環境を考えるきっかけづくり」
保全活動事例発表
盛岡信用金庫 常勤理事 地域応援部長 十文字悟氏より、「紫波企業の森づくり「もりしん共存同栄の森」」

りぱ~るくんの郷づくりパートナー認定交付式

パートナー認定交付式の様子です。
 令和元年度は4名の方を、りぱ~るくんの郷づくりパートナーとして認定しました。                       皆さんは、「森」をテーマにした基礎研修、現地研修そしてパートナー実習の全ての課程を修了しました。          これからの活動を期待します。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。