令和2年度 中学生対象の建設業体験学習会を実施しました!(令和2年10月6日、10月14日、11月17日)

ページ番号1036129  更新日 令和3年10月11日

印刷大きな文字で印刷

 盛岡広域振興局では、建設業への入職・定着促進事業の一環として、管内の中学生1,2年生を対象に、10月、11月に管内中学校3校において、体験学習会を実施しました。

 学習会では、将来の建設業の担い手となり得る中学生に対し、重機操作体験等を通して建設業への関心を深め、魅力を感じていただき、建設業への就業感や就労意識の形成及び向上を目指しています。

10月6日(火曜) 盛岡市立北陵中学校

 北陵中学校では2年生185名を対象に、クラス毎に分かれ、教室で建設業担い手育成DVDの視聴及び建設業の役割等の説明を受けた後、校庭で重機操作体験を実施しました。

 体験では、一般社団法人岩手県建設業協会盛岡支部青年部の皆様にご協力いただき、生徒達にバックホウ、コンバインドローラー、高所作業車の3種類を体験していただきました。

 

 

バックホウ
バックホウ操作体験
コンバインドローラー
コンバインドローラー操作体験
高所作業車
高所作業車試乗体験

10月14日(水曜)盛岡市立厨川中学校

 厨川中学校では1年生28名に参加いただきました。

 当日は「13歳のハローワーク」と題し様々な業種の講師と生徒との交流会が実施され、建設業を選択した生徒達は、建設業担い手育成DVD視聴及び建設業の概要説明を受けた後、校庭で重機操作体験を行いました。

 体験では、一般社団法人岩手県建設業協会盛岡支部青年部の皆様にご協力いただき、バックホウ、コンバインドローラー、高所作業車の3種類を体験していただきました。

説明
建設業概要説明
重機体験
重機操作体験
高所作業車
高所作業車試乗体験

11月17日(火曜)滝沢市立滝沢中学校

 滝沢中学校では2年生160名に参加いただきました。

 生徒達は、始めに体育館にて建設業担い手育成DVD視聴と建設業の概要説明を受け、その後、クラス毎に分かれ、教室や校庭等で職業体験を行いました。

 当日は、一般社団法人岩手県測量設計業協会より株式会社土木技研の社員の皆様にご協力いただき、5種類の体験を実施しました。

職業体験内容

(1)測量(測量機械を使用し、自分の感覚の距離(5m、10m等の任意の距離)が正しいかどうかを測定)

(2)橋梁点検車試乗

(3)3Dデータ(滝沢中学校校舎の3Dデータを使用し、パソコン上で校舎の寸法等を測定)

(4)土木模型(トラス橋や擁壁等の模型を使用し、構造物の仕組みを説明)

(5)ドローン(ドローンを使用し、クラス毎に記念撮影を実施)

説明
建設業概要説明
測量
測量体験
点検車
橋梁点検車試乗体験
3D
3Dデータ体験
土木模型
土木模型についての説明
ドローン
ドローン体験

 

 

 3校の生徒達は、普段触れることが無い建設機械等を体験できる貴重な機会に楽しんで体験を行っていた様子でした。

実施後のアンケート

 今回の体験学習会について、生徒の皆さんに実施後のアンケートへご協力いただきました。

 その中から感想を少しご紹介します。

  ・建設業にはたくさんの人が関わりあっているところが印象に残った。

  ・重機の運転が難しかったけど楽しかった。

  ・教えてくれる方々が優しく教えてくれてとても楽しく体験できた。

  ・近年女性で働いている人が増えていてかっこいいなと思った。

  ・測量を実際にやってみて楽しかった。すぐに距離が測れるのがすごいと思った。

  ・実際に工事の仕事の一部を体験出来て嬉しかった。 など

 生徒の皆さんにとって、建設業という職業を知る良い機会になったことが窺えるアンケート結果でした。

このページに関するお問い合わせ

盛岡広域振興局土木部 土木企画グループ
〒020-0023 岩手県盛岡市内丸11-1
電話番号:019-629-6636 ファクス番号:019-652-6924
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。