北陵中学校にて体験型現場学習を実施しました。

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1012583  更新日 平成31年2月20日

印刷大きな文字で印刷

 盛岡広域振興局地域経営推進費 建設業担い手育成・確保支援事業の一環として、盛岡市立北陵中学校の2年生を対象に体験型現場学習を実施しました。 体験型現場学習では、体験学習や現場見学を通して建設業の魅力や社会役割を伝え、建設業の就業感・就労意識の形成・向上を目指しています。

平成30年7月3日に北陵中学校・体験型現場学習を実施しました。

体験学習の集合写真
参加した生徒の皆さんと協力いただいた建設業の皆さん

 前半の現場見学では、簗川ダム建設事務所にて建設業担い手育成DVDを視聴し、ダムの概要説明を受けました。 その後、簗川ダム建設工事現場を見学しました。

 後半の職業体験では、中学校校庭にて建設業で使用する重機の操縦体験、測量体験を実施しました。

  主催・盛岡広域振興局土木部  職業体験協力:一般社団法人岩手県建設業協会盛岡支部青年部

建設業担い手育成DVD視聴・ダム概要説明

DVD視聴の様子の写真
建設業担い手育成DVD視聴の様子
ダム概要説明の様子の写真
ダム概要説明の様子

 盛岡広域振興局が作成した建設業担い手育成DVDを視聴し、建設業の重要さ、先端技術について学びました。

 簗川ダム建設工事を担当している県職員からダムの概要説明を受けました。

 ダムの役割や必要性、簗川ダムの今までの工事内容について学びました。

簗川ダム建設工事現場見学会

写真:現場見学会の様子
簗川ダム建設工事現場見学の様子
説明を受ける様子の写真
ダム担当職員から説明を受ける様子

 現場見学時に、簗川ダム建設工事の規模や工程内容、ダム完成時の大きさや完成予定など説明を受けました。

 建設中のダムを上側から見学した後に、完成後は立入ることができない下側(もともと河川だった場所)から見上げるようにして見学しました。 建設中の簗川ダムを実際に目の当たりにし、生徒の皆さんはその大きさに驚いていた様子でした。

現場見学の集合写真
建設中のダムをバックに集合写真

建設業の職業体験(重機体験)

操縦体験した重機の写真(バックホー)
操縦体験した重機(バックホー)
重機体験する様子の写真
重機体験の様子(バックホー)
操縦体験した重機の写真(ローラー)
操縦体験した重機(ローラー)
重機体験の様子の写真(ローラー)
重機体験の様子(ローラー)

 重機体験では一般社団法人岩手県建設業協会盛岡支部青年部の方々にご協力いただき、建設業で使用するバックホーとロードローラーを実際に操縦しました。

 生徒の皆さんは緊張した表情で搭乗していましたが、慣れるにつれ笑顔で操縦していました。

 一般社団法人岩手県建設業協会盛岡支部青年部の方々に優しく丁寧に操縦のご指導をいただきました。

建設業の職業体験(測量体験)

使用した測量器具の写真
使用した測量器具
測量体験の様子の写真
測量体験の様子

 測量体験では一般社団法人岩手県建設業協会盛岡支部青年部より実際の測量に使用する光波測距儀を3台ご提供いただきました。

 ボールを投げて、その飛距離を測定距離に設定しました。

自分の歩幅を使った歩測と巻尺での計測を実施した後に、光波測距儀にて正確な距離を測量しました。

実施後のアンケート

 今回の体験型現場学習について、生徒の皆さんに実施後のアンケートにご協力いただきました。

アンケートの結果を一部ご紹介します。

Q 現場見学で良かったところ、印象に残ったところは何ですか?

  • 説明がとても分かりやすく、ダムのことをよくわかった。
  • ダムはどのようにして作るのか、器具はどんなものを使っているのかがよくわかりました。
  • 暑い中で働いていた人たちがすごくかっこよかった。

Q 職業体験で良かったところ、印象に残ったところは何ですか?

  • ローラーなどに乗ってとても貴重な体験ができたと思いました。
  • 歩測で測ったのと、測量器具で測ったのとは結果が全然ちがうところ。
  • 印象はすごかった。操縦も楽しかったし、測量機のすごさを知ることができた。

 生徒の皆さんが建設業という職業を知る良き機会になったことがわかるアンケート結果でした。

関連情報

北陵中学校の簗川ダム建設現場見学会の詳細な様子についてはダムのホームページをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

盛岡広域振興局土木部 土木企画グループ
〒020-0023 岩手県盛岡市内丸11-1
電話番号:019-629-6636 ファクス番号:019-652-6924
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。