2020年7月レジ袋有料化スタート!

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1031312  更新日 令和2年7月15日

印刷大きな文字で印刷

質問

2020年7月1日からレジ袋の有料化がスタートしたと聞きましたがなぜですか。
また、具体的に対象となるレジ袋とはどのようなものですか。

回答

プラスチックは非常に便利な素材で、あらゆる分野で私たちの生活に利便性と恩恵をもたらしてきました。

一方で、海洋ごみ問題、地球温暖化などが問題になっており、解決に向けた第一歩としてプラスチック製買物袋(いわゆるレジ袋)を有料化することになりました。

有料化することにより過剰な使用を抑制することや、マイバックの持参など消費者のライフスタイルの変革を促すことが目的です。

【対象のプラスチック製買物袋】

  • 素材がプラスチックのもの
  • 持ち手があるもの
  • 商品を入れるもの
  • 消費者が辞退できるもの

【対象外のプラスチック製買物袋】

  • プラスチックのフィルムの厚さが50マイクロメートル以上のもの
  • 海洋生分解性プラスチックの配合率が100%のもの
  • バイオマス素材の配合率が25%以上のもの

プラスチック製買物袋の価格は事業者自ら設定することになりますが、1枚当たりの価格が1円未満になるような価格設定をすることはできません。

問い合わせ先

プラスチック製買物袋の有料化に関する相談窓口(消費者向け)

電話:0570-080180
受付時間 月曜日~金曜日 9時00分~18時15分(土日祝を除く)

 

このページに関するお問い合わせ

岩手県立県民生活センター
〒020-0021 岩手県盛岡市中央通3-10-2
消費生活相談専用電話番号:019-624-2209
交通事故相談専用電話番号:019-624-2244
消費生活相談、交通事故相談については、メールでの相談は受け付けておりませんので、上記の専用電話番号におかけください。