ツキノワグマの出没に関する注意報について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1033195  更新日 令和2年3月18日

印刷大きな文字で印刷

「ツキノワグマの出没に関する注意報」の発表について

県では、クマに対する注意を喚起し被害の未然防止を図るため、岩手県全域に「ツキノワグマの出没に関する注意報」を発表します(令和2年3月18日付け)。

 

 クマの人里等への出没は、堅果類の結実状況、特にブナの豊凶との関係が深いことが経験的に明らかになっています。また、ブナが豊作の年は、メスのクマの栄養状態がよく、妊娠に適した状況となるため、翌年春に生まれる子グマの数が多いという報告もあります。令和元年度は奥羽山系のブナの結実状況などにより、クマの大量出没となったことから、令和2年度も引続き出没に注意する必要があります。

 また、今年は積雪量が少なく、クマの冬眠明けの活動が早まり、春先から人里への出没が予想されるため、岩手県全域に「ツキノワグマの出没に関する注意報」を発表します。

 春先の山菜採り等で入山する際は、下記の事項に留意し十分な対策をお願いします。

 

山林内(クマの生息域)における対策

  • クマ鈴や、笛、ラジオなど、音の出るものを携帯する。
  • 複数人で行動し、見通しの悪い場所や沢沿いでは掛け声や音を出し、自分の存在をクマに知らせる。
  • クマの目撃情報や新しいクマの痕跡(糞や爪痕)のある場所は避ける。
  • クマ撃退スプレーを携帯し、万一の遭遇に備える。

人里における対策

  • 誘引物となる廃棄果樹や廃棄農作物等の管理を適切に行う。
  • 庭先果樹や家庭菜園についても、利用しない場合の早期摘果を行う。
  • 屋外やクマが侵入できる納屋に果物、穀物、ペットフード等を保管しない。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

環境生活部 自然保護課 野生生物担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5371 ファクス番号:019-629-5379
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。