令和元年度の「カフェミーティング」

ページ番号1020370  更新日 令和2年1月15日

印刷大きな文字で印刷

カフェミーティングについて

「カフェミーティング」では、毎回、県内外の先進的な活動をしている若者の皆さんなどをゲストスピーカーにお招きし、参加者の皆さんとともに多様なアイデアを共有しながら、若者による新たな価値や、イノベーションの創造を支援します。

令和元年度第5回カフェミーティングを開催します!(令和2年2月8日(土曜日))

第5回バナー画像

2/8(土曜日)14時00分 「第5回カフェミーティング」いわて若者カフェ(岩手県公会堂地下)で開催します!

今回のテーマは、「デザインでつなぎ、つくる。〜創造的な まち/ひと/しごと〜」です!

私たちが住む岩手県では、南部鉄器、岩谷堂箪笥などの伝統工芸があり、地域の文化として脈々と受け継がれてきました。一方で、後継者不足や生産額の低下などの課題を抱え、将来的にわたって持続・発展させていくためにも解決手法の確立が必要とされています。

そのような伝統工芸をはじめとするモノづくりの集積地である福井県鯖江市を拠点に活動するデザイン事務所TUSGI。「創造的な産地」をつくるため、デザインの力で「支える・作る・売る・醸す」の4つのキーワードを軸に、体感型マーケット「RENEW」など、様々なプロジェクトを展開中です。

今回は、そのTSUGI代表の新山直広氏をメインゲストにお招きし、第1部では、「創造的なまち、ひと、しごと」づくりに向けて、デザインをどのように生かし、プロジェクト化していくのか、事例等を踏まえながら学んでいきます。第2部では、岩手にゆかりのあるデザイナーやクリエイターを迎え、デザインがこれからの地域の創生にどのような役割を担っていくのか、皆さんでアイディアを共有していきます。

1.日時

2月8日(土曜日)14時00分~16時00分

2.場所

いわて若者カフェ(岩手県公会堂地下 盛岡市内丸11-2)

3.定員

30人

4.参加料金

無料

5.申込

参加希望の方は、下記リンクのコネクサスFacebookイベントページから参加申込みをお願いいたします。

(お申込みは2月7日(金曜日)20時まで)

6.内容

〔テーマ〕

「デザインでつなぎ、つくる。〜創造的な まち/ひと/しごと〜」

〔タイムスケジュール〕

時間 内容
14時00分~14時10分 オープニング 趣旨説明
14時10分~15時00分 

【第1部】講演(講師:新山 直広 氏)

(1)「創造的なまち、ひと、しごと」づくりに向けて、デザインをどのように生かし、

プロジェクト化していくのか、事例等を踏まえながら新山氏に学ぶ。

(2) 質疑応答

15時00分〜15時05分  休憩
15時05分〜15時50分 

【第2部】パネルディスカッション

新山氏のほか、岩手にゆかりのあるデザイナーやクリエイターたちを迎え、

これからの地域の創生にデザインがどのような役割を担っていくのか、

参加者を交えながら意見交換を行う。

15時00分~16時00分  まとめ

メインゲスト

新山 直広さん(TSUGI 代表/デザインディレクター)
1985年大阪府生まれ。京都精華大学デザイン学科建築分野卒業。2009年福井県鯖江市に移住。応用芸術研究所を経て、鯖江市役所在職中の2013年にTSUGIを結成。以降、未来の産地を醸成する様々なプロジェクトを展開し、2015年に法人化。デザイン・ものづくり・地域といった領域を横断しながら、地域や地場産業のブランディングを手がける。

パネルディスカッションゲスト

富川岳さん(株式会社富川屋 / ローカルプロデューサー)
1987年 新潟県長岡市生まれ。岩手県遠野市在住。都内の広告会社(spicebox / 博報堂常駐)を経て2016年に遠野に移住。Next Commons Lab 共同創業を経て、ローカルプロデューサーとして独立。デザインや情報発信を生業とする。また、東北の豊かな地域文化に傾倒し、民俗学の視点からその土地の物語を編み直し、”いま”を生きる人々の糧とするべくスタディツアーや商品開発、デザイン、教育機関と連携した取り組み等を行っている。プロデューサーとして岩手ADC2018コンペ&アワード グランプリ受賞。

川島 佳輔さん(株式会社COKAGE STUDIO 代表取締役)
1988 年生まれ。東北・おもに岩手をフィールドに、グラフィックやウェブのデザインを通じて、地方をデザイン視点で豊かにする取り組みを行っている。2016年COKAGE STUDIO inc.を設立。2017年岩手ADC賞受賞。同年6月にカフェと託児所Café&Living UCHIDAをオープンした。最近はもっぱらカフェの皿洗い。いわて若者カフェ「カフェマスター」。

進行・ファシリテーター

丹野 晋太郎さん(いわて若者カフェ「サポートスタッフ」)
陸前高田市出身。1995年生まれ。株式会社ヘラルボニー所属。広告代理店を経て、2019年4月から現所属。震災後、人の生死について考えたことをきっかけに、”伝える”を仕事にするべくクリエイティブの世界へ。クライアントワーク及び自社事業全般の推進を担当。

〔お問い合わせ〕

いわて若者カフェ 事務局
電子メール:iwate.wakamonocafe@gmail.com
電話:080-5743-2934
〔開館時間〕15時00分~21時00分(定休日:日・月・祝)

注 岩手県公会堂敷地内には、若者カフェ専用の駐車場はございませんので、お車でお越しの場合は、周辺駐車場等をご利用ください。

令和元年度第4回カフェミーティングを開催します!(令和元年12月14日(土曜日))

第4回カフェミーティングバナー画像

12月14日(土曜日)に、いわて若者カフェ「第4回カフェミーティング」いわて若者カフェ(岩手県公会堂地下)で開催します。

  • 企画を考える必要があるけどアイデアが出ない。
  • 発想力が乏しいから、いいアイデアなんて考えられない。

など、仕事などをしているときにアイデアを出さなければと思っていても、なかなかいい考えが浮かばず、時間だけが過ぎ去ってしまうことはありませんか?

そのような時、効果的な解決手段の1つとして使われるのが、既存の枠にとらわれず革新的なアイデアを出すために、集団でアイデアを出す「ブレインストーミング(ブレスト)」です。

今回は、実際にブレストを取り入れて様々な企画を生み出している企業(株式会社カヤック)の手法を体験するワークショップを行います。前半は、これまで同社でブレストを活用し実現した事例などを紹介し、後半からは、カードゲーム方式で、面白法人カヤックの発想法を学ぶワークショップを行います。

集団でのアイデア出しの思考を養いながら、仲間の発想の引き出し方やチームワークの大切さなどの理解も深めていただく良い機会です。

地域が今後も活性化していくために、アイデアを生み出す発想力を参加者全員で学んでみませんか?

とても貴重な機会です。ぜひお越しください!

注 ご参加は下記申込フォームから受け付けています。
注 どなたでもご参加いただけます(参加無料・入退場自由)。

1.日時

12月14日(土曜日)14時00分~16時00分

2.場所

いわて若者カフェ(岩手県公会堂地下 盛岡市内丸11-2)

3.定員

30人

4.参加料金

無料

5.申込

参加希望の方は、下記リンクのコネクサスFacebookイベントページから参加申込みをお願いいたします。

(お申込みは12月13日(金曜日)20時まで)

6.内容

〔テーマ〕

「面白アイデアが地方を救う?~面白法人カヤック流の発想体験ワークショップ~」

〔タイムスケジュール〕

時間 内容
14時00分~14時10分 オープニング
14時10分~15時00分

【第1部】講演(講師:土屋氏)

 (1)ブレインストーミングで生まれた事業や事例の紹介
 (ブレインストーミングを大切にすることで生まれた事業などの

  事例から発想方法について学びます。)

 (2)質疑応答

15時00分~15時05分 休憩
15時05分~15時50分

【第2部】発想体験ワークショップ

カードゲーム方式で、面白法人カヤックの発想法を学ぶワークショップを行います。

15時50分~16時00分 まとめ

メインゲスト

土屋 有さん (カヤックLiving 代表取締役、宮崎大学 講師、日南市ローカルベンチャー事務局 総合プロデューサー)
 宮崎県出身。複数の企業の役員、起業などを経て、2014年に宮崎にUターン。2016年より宮崎大学にてマーケティング論を担当。地域資源を活用したビジネス、地域課題・社会課題解決へのマーケティングの応用・活用について調査・開発・支援を行う。2019年より面白法人カヤックの子会社・株式会社カヤックLivingの代表取締役、宮崎を拠点としたインキュベーション・株式会社ミライラボ、島根県雲南市を本社とするCommunity Nurse Company株式会社の社外取締役なども務める。

進行・ファシリテーター

丹野 晋太郎さん(いわて若者カフェ「サポートスタッフ」)
 陸前高田市出身。1995年生まれ。株式会社ヘラルボニー所属。広告代理店を経て、2019年4月から現所属。震災後、人の生死について考えたことをきっかけに、”伝える”を仕事にするべくクリエイティブの世界へ。クライアントワーク及び自社事業全般の推進を担当。

〔お問い合わせ〕

いわて若者カフェ 事務局
電子メール:iwate.wakamonocafe@gmail.com
電話:080-5743-2934
〔開館時間〕15時00分~21時00分(定休日:日・月・祝)

令和元年度第3回カフェミーティングを開催します!(令和元年9月21日(土曜日))(イベントは終了しました)

第3回カフェミーティングバナー画像

9月21日(土曜日)に、いわて若者カフェ「第2回カフェミーティング」をいわて若者カフェ(岩手県公会堂地下)で開催します。

 

 「理想の働き方」ってどうやったら実現できるの?

 長時間労働の解消やワークライフバランスの推進などに向けて、様々な組織で導入を進めている働き方改革という取り組み。

  • 働き方改革って、本当にこれでいいの?
  • 新しい働き方って、みんなが取り組めるものなの?

といったように疑問や不安を持つ方も多いのではないでしょうか。

 今回は、ヤフー株式会社の現社員として、宮城県石巻市で「一般社団法人フィッシャーマンジャパン」を立ち上げた長谷川琢也さんをゲストにお迎えします。漁業の課題解決にインターネットの手法を取り入れ、「ソーシャルクリエイティブ」を実践する長谷川さんから、その事例や方法の手法を紹介していただき、ワークショップを通じて地方における新しい働き方・生き方などについて学んでいきます。

(「ソーシャルクリエイティブ」とは…創作活動を通じて社会貢献を果たそうとする活動やビジネスのこと。)

 

 どなたでもご参加いただけます(参加無料・入退場自由)。

 とても貴重な機会です。ぜひお越しください!

 

1.日時

9月21日(土曜日)14時00分~16時00分(入退場自由)

2.場所

いわて若者カフェ(岩手県公会堂地下 盛岡市内丸11-2)

3.定員

30人

4.参加料金

無料

5.申込

参加希望の方は、下記リンクのコネクサスFacebookイベントページから参加申込みをお願いいたします。

(お申込みは9月21日(土曜日)15時まで)

5.主催

岩手県

6.内容

〔テーマ〕

「地方におけるソーシャルクリエイティブな働き方」

〔タイムスケジュール〕

時間 内容
14時00分~14時10分 オープニング 趣旨説明
14時10分~15時00分

【第1部】ソーシャルクリエイティブの事例とメソッド(手法)の紹介

    (1)長谷川琢也さん講演

       石巻を拠点に具体的にどのような方法でソーシャルクリエイティブな

      働き方をしているのか、事例を踏まえながら学びます。

    (2)質疑応答

15時00分~15時05分 休憩
15時05分~15時50分

【第2部】社会課題解決型ワークショップ

     様々な社会課題をデザイン、テクノロジー、企画力などを組み合わせて解決

    する手法(ソーシャルクリエイティブ)を学ぶワークショップを実施。

15時50分~16時00分

まとめ

メインゲスト

長谷川 琢也 さん (ヤフー株式会社社員/一般社団法人フィッシャーマンジャパン事務局長)

 横浜市出身。1977年生まれ。ITベンチャー企業を経て、ヤフーに入社。東日本大震災津波後、個人でボランティア活動を行うとともに、ヤフー社員としても数々の支援プロジェクトを企画。2011年12月、東北の農作物や水産加工品、工芸品などを販売するECサイト「復興デパートメント」(現「東北エールマーケット」)を企画・運営。2014年、「カッコいい、稼げる、革新的」の「新3K」を掲げ、三陸の漁師の担い手不足解消や漁業のブランド化を目指す一般社団法人フィッシャーマンジャパンを設立。ひとりでも多くの人に、海と海にまつわる人、もの、ことに興味をもってもらうこと、海の課題に関心を持ち、解決へのアクションを起こしてもらうことで、海の豊かさを次世代へつなぐことを目指すメディア「Gyoppy!(ギョッピー)」プロデューサーも務める。

 

進行・ファシリテーター

丹野 晋太郎さん(いわて若者カフェ「サポートスタッフ」)

 陸前高田市出身。1995年生まれ。株式会社ヘラルボニー所属。広告代理店を経て、2019年4月から現所属。震災後、人の生死について考えたことをきっかけに、”伝える”を仕事にするべくクリエイティブの世界へ。クライアントワーク及び自社事業全般の推進を担当。
 

〔お問い合わせ〕

いわて若者カフェ 事務局
電子メール:iwate.wakamonocafe@gmail.com
電話:080-5743-2934
〔開館時間〕15時00分~21時00分(定休日:日・月・祝)

 

令和元年度第2回カフェミーティングin陸前高田を開催します!(令和元年7月20日(土曜日))(イベントは終了しました)

令和元年度第2回カフェミーティング

7月20日(土曜日)に、いわて若者カフェ「第2回カフェミーティングin陸前高田」アバッセたかたで開催します。

ーー「おもしろい×社会にいい」ってどうやったら作れるの?

「文の里商店街のポスター」や「突っ張り棒のポスター」で話題のコピーライター日下慶太さんをメインゲストにお招きする今回のイベント。
陸前高田で「情報発信」のこと、考えませんか?

陸前高田で活動しているゲストのみなさんと共に、地域を活気づけるための情報発信について学び、実践します。

陸前高田に興味のある方
地域を盛り上げたい!と思っている方
商品やプロジェクトの広報に悩んでいる方
デザインやキャッチコピーに興味がある方

とても貴重な機会です。

参加無料ですので、是非お越しください!

1 日時

2019年7月20日(土曜日)14時00分~17時00分

2 場所

アバッセたかた パブリックスペース

(陸前高田市高田町舘の沖1番地)

3 申込

参加希望の方は、下記リンクのコネクサスFacebookイベントページから参加申込みをお願いします。

4 内容

〔タイムスケジュール〕

14時00分~14時05分 オープニング 趣旨説明

【第1部】陸前高田市で活動している10代~30代の方々からの事例発表

14時05分~14時30分  発表(1)岩手大学E_codeさま発表

           発表(2)種坂さま発表

           発表(3)永田さま発表

           質疑応答 休憩

【第2部】メインゲスト講演・情報発信体験

14時30分~16時30分 日下慶太さん講演・質疑応答

           テーマ「これからの被災地・地域からの情報発信について」

16時30分~16時50分 参加者SNS情報発信体験

16時50分~17時00分 まとめ

 

メインゲスト

日下慶太さん(株式会社電通)

1976年大阪府生まれ。電通入社後、商店街のユニークなポスターを制作しまちおこしにつなげる「商店街ポスター展」の仕掛け人として活躍。
現在はコピーライターとして勤務する傍ら、写真家などとして幅広く活躍。
2018年6月に初の著書『迷子のコピーライター』を出版。
佐治敬三賞、グッドデザイン賞ほか多数受賞。

事例発表ゲスト

(1)岩大E_codeのみなさん

 岩手大学の学生有志で構成される団体。陸前高田市内外の人たちをつなげる架け橋を目指す。

(2)種坂奈保子さん

 陸前高田ほんまる株式会社を立ち上げ、住民が交流できる活気あふれる癒しの空間づくりに取り組む。

(3)永田園佳さん

 マルゴト陸前高田所属。陸前高田に来たい人と地元の人をつなぐ活動をしている。

進行・ファシリテーター

佐藤柊平さん(一般社団法人いわて圏)

令和元年第1回カフェミーティングを開催します!(令和元年5月25日(土曜日))(イベントは終了しました)

未来言語ワークショップバナー

5月25日(土曜日)に、いわて若者カフェ「第1回カフェミーティング」いわて若者カフェ(岩手県公会堂地下)で開催します。

「岩手の若者で次世代のコミュニケーションを創造」をテーマに、次世代のコミュニケーションを考える、体験ワークショップ未来言語ワークショップを実施します。

「話せない・聞こえない・見えない」等の状態となり、今までにないコミュニケーションにチャレンジ。

そこから生まれた気づきやエピソードを集約し、新しいコミュニケーションのアイディアを参加者と探ります。

参加無料でどなたでも参加可能です。ぜひお気軽にご参加ください。

1.日時

5月25日(土曜日)14時00分~17時00分

2.場所

いわて若者カフェ(岩手県公会堂地下)

3.申込

参加希望の方は、下記リンクのコネクサスFacebookイベントページから参加申込みをお願いします。

4.内容

〔タイムスケジュール〕

14時00分~14時10分 オープニング((1)オリエンテーション(2)若者カフェ紹介(3)アイスブレイク)

14時10分~15時10分 ゲストトーク

           (1)松田崇弥さん活動紹介

           (2)菊永ふみさん活動紹介

           (3)未来言語共同代表トークセッション

           (4)質疑応答

     (休憩5分)

15時15分~16時50分 未来言語ワークショップ

16時50分~17時00分 まとめ、総括(ワークショップ終了)

 

〔ゲスト〕 

・松田崇弥さん(株式会社ヘラルボニー 代表取締役社長)
 1991年生まれ、岩手県出身。MUKU代表。全日本仮囲いアートプロジェクト 副代表。未来言語 共同代表。小山薫堂率いる企画会社オレンジ・アンド・パートナーズ、プランナーを経て独立。「異彩を、放て。」をミッションに掲げる福祉実験ユニットを通じて、福祉という領域のアップデートに挑む。東京都在住。 

・菊永ふみさん(一般社団法人異言語Lab.代表理事)
 東京都出身。異なる言語を使用する者同士からうみだされるコミュニケーションの施行錯誤や、一つひとつの言語の魅力を探り合い、新しいコミュニケーションのカタチを提案していく事業を展開する一般社団法人異言語 Lab.代表。未来言語 共同代表。福祉型障害児入所施設で聴覚障害児の生活支援に携わる。企業の社会貢献活動の一環として社員と聴覚障害児との交流企画を担当。

 

 

このページに関するお問い合わせ

環境生活部 若者女性協働推進室 青少年担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5336 ファクス番号:019-629-5354
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。