性的マイノリティ(LGBT等)について

ページ番号1026098  更新日 令和3年4月27日

印刷大きな文字で印刷

性的マイノリティ(LGBT等)とは

LGBTという言葉について

LGBT(エルジービーティ―)とはL:レズビアン、G:ゲイ、B:バイセクシュアル、T:トランスジェンダーそれぞれの英語の頭文字をとって作られた言葉です。性的少数者(セクシュアル・マイノリティ)をあらわす言葉として使われています。

性のあり方は多様です。そして多様な性を生きているのは「私もあなたも」です。性的マイノリティ(LGBT等)の人たちにとってだけでなく、「私もあなたも」すべての人にとって心地よい社会を目指します。

性的マイノリティ(LGBT等)への理解促進について

LGBT出前講座のご案内

岩手県男女共同参画センターでは、「多様な性(LGBT等)」に関する出前講座を実施しています。詳細は岩手県男女共同参画センターへお問い合わせください。

性的マイノリティ(LGBT等)に関するリーフレットについて

岩手県・岩手県男女共同参画センターでは「生徒・学生と保護者の皆さん向け」リーフレットを作成しました。

リーフレットは岩手県男女共同参画センターホームページで公開していますのでぜひご活用ください。

性のあり方について相談できる窓口

岩手県男女共同参画センター LGBT相談

【電話相談】

019-601-6891

毎週火曜日・金曜日 16時00分~20時00分

性的指向や性別の違和感などで相談したい方の相談を面接・電話でお受けしています。御家族・パートナー・支援者も対象です。

【インターネット相談】

https://www1.aiina.jp/cb/consult/index.jsp

(注)回答まで数日お待ちいただくことがあります。

公益財団法人人権教育啓発推進センター

【みんなの人権110番】

(全国共通人権ダイヤル)0570-003-110

【子どもの人権100番】

0120-007-110

よりそいホットライン

(1)0120-279-226に電話をする。

(2)音声ガイダンスが流れます。相談したいことを選んでください。

(3)「4番」が性別や同性愛に関する相談です。

多様な性のあり方を尊重するための職員ガイドライン

県では、職員が多様な性のあり方に関して理解を深め適切な対応をするために職員ガイドラインを作成しました。

このガイドラインでは、性の多様性や性的マイノリティ(LGBT等)について、職員として知っておくべき基礎的な知識や日常の業務において配慮すべき事項等を掲載しています。

 

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

環境生活部 若者女性協働推進室 青少年・男女共同参画担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5336 ファクス番号:019-629-5354
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。