「いわて冬エコキャンペーン」が始まりました

ページ番号1021692  更新日 令和1年12月4日

印刷大きな文字で印刷

冬の暖房費は環境への負担も大きく、二酸化炭素排出量を増やし、地球温暖化にも影響を与えています。WEBアンケートに答えながら、岩手の冬を暖かくエコに過ごす「冬暮らし」を考えていきましょう。

岩手の冬を暖かくエコに。「いわて冬エコキャンペーン」

全国平均に比べ、エネルギーの支出が大きい岩手。
特に冬の暖房費は環境への負担も大きく、二酸化炭素排出量を増やし、地球温暖化などの気候変動にも影響を与えています。岩手の冬を暖かく、そして地球にも優しく過ごすためには、何が必要でしょうか?
みなさんの「冬暮らし」について、実践していることや思っていることを教えてください。

いわて冬エコキャンペーンチラシ

暖房の二酸化炭素排出量が多い東北

東北地方は暖房による二酸化炭素排出量が多いことを示すグラフ

東北地方は、暖房による二酸化炭素排出量が多く、環境にも、家計にも、大きな負担となっています。

「ウォームシェア」「住まいの断熱」などの省エネ・節電対策を取り入れて、環境にもお財布にも優しい暮らしに変えていきましょう。

 

冬暮らしのポイントは、「暖かさをシェア」

ウォームシェアの取組方法紹介画像

「ウォームシェア」とは、暖房器具を一人ひとりが使うのではなく、みんなで一つの部屋や温かい場所に集まる(シェアする)ことで、エネルギーを節約しよう、という省エネ活動です。

家族やご近所でシェア

家族やご近所どうしがひとつの部屋・場所に集まって過ごせば、エネルギー消費を減らせるだけでなく、コミュニケーションも深まります。

街に出かけてシェア

暖房の効いた公共施設等で過ごしたり、スポーツをしたり、食事や温泉に出かけたり…。家庭の暖房を止めて街に出るだけで、暖房による消費を減らせます。 

増えています「いわてウォームシェアスポット」

岩手県内では、ショッピングセンターや街なかのカフェ、図書館や美術館といった公共施設など130カ所以上が、ウォームシェアを応援する「いわてウォームシェアスポット」として登録されています。

キャンペーン参加方法

1 WEBアンケートページにアクセスする

以下のいずれかによりアンケートページへアクセスしてください。

  • チラシに掲載しているQRコードを読み取る
  • 「いわてわんこ節電所」と検索し、バナーをクリックする
  • このページ下部のアンケートページへのリンクをクリックする

2 WEBアンケートに答える

地域、年代及び性別を選択したのち、Q1~Q8までの設問等に答えてください。

参加者プレゼント

オリジナル手ぬぐい画像

参加いただいた方の中から、抽選で30名様「ウォームシェア」をモチーフにしたオリジナル手ぬぐいをプレゼントします。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

環境生活部 環境生活企画室 温暖化・エネルギー対策担当(温暖化)
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5271 ファクス番号:019-629-5334
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。