岩手県水素利活用構想の策定について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1017605  更新日 令和2年2月25日

印刷大きな文字で印刷

 県では、再生可能エネルギーの導入促進に資する水素の利活用を推進していくため、平成31年3月に岩手県水素利活用構想を策定しました。

1 目的

 本県の再生可能エネルギーのポテンシャルを活かした水素の製造とその利活用に向けて、本県の目指す姿を明確にするとともに、その実現に向けて今後の取組の方向性を示すことにより、県民や事業者、研究機関、自治体等が一体となって取組を推進していくことを目的とするものです。

2 想定年次

 2030年頃の本県の姿を想定して取組を進めていきます。

3 構想の位置付け

  • 「いわて県民計画(2019~2028)」(平成31年3月策定)の長期ビジョンに掲げる「水素利活用推進プロジェクト」の具現化に向けて、水素の利活用を推進するための構想です。
  • 「岩手県地球温暖化対策実行計画」(平成28年3月改訂)の「再生可能エネルギーの導入促進」に向けて水素の利活用を推進するための構想です。

4 本県が目指す姿

 岩手県の豊富な再生可能エネルギー資源を最大限に生かし、再生可能エネルギー由来の水素を多様なエネルギー源の一つとして利活用する取組を通じて、低炭素で持続可能な社会の実現を目指します。

5 施策の方向性

 次の4つの施策の方向性を掲げ、水素利活用を推進していきます。

  1. 地域資源の好循環に向けた再生可能エネルギー由来の水素の利活用推進
  2. 水素関連製品等の普及促進
  3. 水素関連ビジネスの創出・育成
  4. 水素の理解促進・地域連携

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

環境生活部 環境生活企画室 温暖化・エネルギー対策担当(エネルギー対策)
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5272 ファクス番号:019-629-5334
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。