バイオマスエネルギー

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1005605  更新日 平成31年2月20日

印刷大きな文字で印刷

写真:バイオマス

 バイオマスエネルギーとは化石燃料以外の動植物に由来するエネルギーのことで、農業資源や林業資源、家畜のふん尿、生ゴミ等さまざまあります。

 県土の約8割が森林である岩手県にとって、木質バイオマスは持続可能なエネルギーであり、その利用拡大は、CO2の排出削減による地球温暖化防止への貢献のほか、林業や木材産業の振興、木質燃料や燃焼機器の生産・流通による産業の振興等にもつながり、いわての強みを生かした再生可能エネルギーであると言えます。

 また、岩手県は様々なブランドに代表されるように牛、豚、鶏など家畜の飼養頭数、粗生産額とも全国トップクラスに位置する畜産県です。

 これらの家畜の排せつ物は、有機物や窒素、リンを多量に含み、土壌改良材や有機性肥料として高い価値があり、これまでも堆肥として利用していましたが、近年、効率的利活用を目指したバイオマスプラントが設置され、発酵メタンを利用したコージェネレーションシステムによる発電と熱供給が行われています。

このページに関するお問い合わせ

環境生活部 環境生活企画室 温暖化・エネルギー対策担当(エネルギー対策)
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5272 ファクス番号:019-629-5334
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。