太陽光エネルギー

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1005601  更新日 平成28年7月1日

印刷大きな文字で印刷

写真:メガソーラー(奥州市)

個人で導入可能な新エネルギーとしては、住宅の屋根などを利用した太陽光発電がよく知られています。

 地表に到達する太陽エネルギーは1平方メートル当たり約lkWに達します。これは、地球全体に降り注ぐ太陽エネルギーを100%変換できるなら世界の年間消費エネルギーを僅か1時間で賄うことができる量に相当します。

 本県も県央から県南にかけての海岸沿いなど年間を通じて日照条件が良い地域が多く、また、日本海側に比べ雪の影饗も少ないことから太陽光発電に適した地域が広く分布しています。

 太陽光発電は、一般住宅用の3~4kW程度のものから、公共施設に設置されている数10kW以上の大型のものまで、設置する側の条件に応じた規模で導入できる利点をもちます。

 また、その用途や目的も多岐に渡っており、光熱費削減のため家庭や施設に設置されるほか、小型電子機器の携帯用電源、山小屋など電気が通っていない場所の独立電源、災害時の非常用電源など様々な分野で利用されています。最近では風力発電などほかの新エネルギーと組み合わせた利用方法なども開発されています。

このページに関するお問い合わせ

環境生活部 環境生活企画室 温暖化・エネルギー対策担当(エネルギー対策)
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5272 ファクス番号:019-629-5334
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。