令和2年度特定医療費(指定難病)受給者証の更新について

ページ番号1029257  更新日 令和2年5月14日

印刷大きな文字で印刷

 特定医療費(指定難病)受給者証は、毎年度更新申請の手続きが必要となっているところですが、令和2年度は新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、臨床調査個人票の取得のみを目的とした医療機関等への受診を回避するため、現在お持ちの受給者証(令和2年3月1日から令和3年2月28日までの間に受給者証の有効期間が満了するものに限る)について、有効期間を1年間延長することとなりました

 つきましては、令和2年度は受給者証の更新申請は不要となり、更新申請のための臨床調査個人票の取得も必要ありません。

 

 

 

特定医療費(指定難病)受給者証等について

  •  特定医療費(指定難病)受給者証については、更新申請をすることなく、有効期間を自動的に1年間延長します。

  (例)有効期間が令和元年10月1日から令和2年9月30日までの受給者証をお持ちの方

    →有効期間が令和元年10月1日から令和3年9月30日になります。

  • 受給者証については、現在お持ちの受給者証を引き続き使用してください。
  • 自己負担上限額管理票については、有効期間延長のお知らせに同封しています。令和2年10月1日以降は同封した上限額管理票をご使用ください。

 

特定医療費(指定難病)受給者証に係る各種申請について

変更申請について

 現在お持ちの受給者証に記載されている事項等に変更がある場合は、変更申請が必要です。また、平成30年から令和元年にかけて所得が大きく増減した方等は自己負担上限額が変更になる可能性があります。変更を行う事項により提出していただく書類が異なりますので、必要書類については下記「関連情報」の「難病医療費助成について」をご覧いただくか、管轄の保健所にお問い合わせください。

郵送での申請について

 特定医療費に係る各種申請については、郵送にて申請が可能です。必要書類をすべてそろえたうえで票がある市町村を管轄する保健所へ郵送してください。なお、書類に不足があった場合、不足書類の連絡を差し上げた後、全ての書類が整った日が受付日となりますのでご了承ください。

(各種申請書については、下記「関連情報」の「難病医療費助成について」からダウンロード可能です。)

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 健康国保課 健康予防担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5468 ファクス番号:019-629-5474
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。