新型コロナウイルス感染症に関する情報《岩手県》

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1026260  更新日 令和2年2月21日

印刷大きな文字で印刷

更新履歴
  • 令和2年2月19日 帰国者・接触者相談センターの県庁受付時間(24時間)及び県庁電話番号(9時~21時:019-651-3175  21時~9時:019-629-5472)変更しました。
  • 令和2年2月18日 岩手県新型コロナウイルス感染症対策本部を設置しました。
  • 令和2年2月16日 帰国者・接触者外相談センターではファクス(019-626-0837)でも受付を開始しました。
  • 令和2年2月14日 定例記者会見において、達増拓也岩手県知事から新型コロナウイルス感染症に係るコメントがありました。

お知らせ

令和2年2月18日 岩手県新型コロナウイルス感染症対策本部を設置し、第1回本部員会議を開催しました。
  • 国内における本病の拡大状況から、今後、本県を含む国内流行を想定した医療体制の構築を検討するとともに、社会、経済に及ぼす影響を最小限にするよう対策に万全を期すため、達増拓也知事を本部長として、庁内各部局が連携する対策本部を設置しました。
  • 新型コロナウイルス感染症の最新情報については、厚生労働省及び国立感染症研究所のホームページで随時更新されています。ご確認をお願いします。

「帰国者・接触者外来」及び「帰国者・接触者相談センター」対応開始のお知らせ

帰国者・接触者外来について

  • 新型コロナウイルス感染症の疑い例を、診療体制の整った医療機関に確実につなぐために、二次保健医療圏ごとに設置しています。
  • 事前に必ず電話で「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。
  • なお、聴覚に障害のある方をはじめ電話での御相談が難しい方に向けて、帰国者・接触者相談センターはファクス(019-626-0837)でも受付をしていますので、ご利用ください。

【疑い例とは】(令和2年2月7日現在。今後、変更されることがあります。)

  1. 発熱または呼吸器症状(軽症の場合を含む。)を呈する者であって、新型コロナウイルス感染症であることが確定したものと濃厚接触歴があるもの
  2. 37.5℃以上の発熱かつ呼吸器症状を有し、発症14日以内にWHOの公表内容から新型コロナウイルス感染症の流行が確認されている地域に渡航又は居住していたもの
  3. 37.5℃以上の発熱かつ呼吸器症状を有し、発症14日以内にWHOの公表内容から新型コロナウイルス感染症の流行が確認されている地域に渡航又は居住していたものと濃厚接触歴があるもの 
  4. 疑似症を疑い、新型コロナウイルス感染症の鑑別を要したもの
  注 WHOの公表内容から新型コロナウイルス感染症の流行が確認されている地域:現時点では「湖北省及び浙江省」です。

帰国者・接触者相談センター

  • 電話での相談を通じ、疑い例に該当する方を「帰国者・接触者外来」に受診させるよう調整を行うため、県内各保健所及び県庁医療政策室に設置しています。
  • なお、聴覚に障害のある方をはじめ電話での御相談が難しい方に向けて、ファクス(019-626-0837)でも受付をしていますので、ご利用ください。

 

  • 【保健所】9時00分~17時00分 平日
  • 【県 庁】24時間 全日(土日・祝日を含む)

相談センター設置公所

電 話

所管地域

盛岡市保健所

019-603-8308

盛岡市
岩手県 県央保健所

019-629-6562

八幡平市、滝沢市、雫石町、葛巻町、

岩手町、紫波町、矢巾町

岩手県 中部保健所

0198-22-4952

花巻市、遠野市、北上市、西和賀町
岩手県 奥州保健所

0197-22-2831

奥州市、金ケ崎町
岩手県 一関保健所

0191-26-1415

一関市、平泉町
岩手県 大船渡保健所

0192-27-9922

大船渡市、陸前高田市、住田町
岩手県 釜石保健所

0193-25-2710

釜石市、大槌町
岩手県 宮古保健所

0193-64-2218

宮古市、山田町、岩泉町、田野畑村
岩手県 久慈保健所

0194-53-4987

久慈市、普代村、洋野町、野田村
岩手県 二戸保健所

0195-23-9206

二戸市、軽米町、九戸村、一戸町
岩手県庁 医療政策室

電話(9時~21時)

019-651-3175

電話(21時~9時)

019-629-5472

注:21時~9時の間は電話番号をお聞きし、

折り返し担当からお電話いたします。

ファクス

019-626-0837

全県域 24時間(土日・祝日も実施)

コロナウイルスとは

  • 人や動物の間で広く感染症を引き起こすウイルスです。
  • 人に感染症を引き起こすものはこれまで6種類が知られていますが、深刻な呼吸器疾患を引き起こすことがあるSARS-CoV(サーズ:重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)とMERS-CoV(マーズ:中東呼吸器症候群コロナウイルス)以外は、感染しても通常の風邪など、重度でない症状にとどまるとされています。

指定感染症とは

  • 感染症法では、感染症をその感染力や危険性に応じて1~5類に分類し、対応することとしていますが、この新型のウイルスなど法的に未分類の感染症については、政令で「指定感染症」に指定することで、1~3類感染症に準じた高いレベルでの措置を、迅速に取ることが可能となるものです。
  • 令和2年1月28日、新型コロナウイルス感染症を「指定感染症」に指定する政令が公布定され、2月1日から施行されました。
  • これにより、感染症法で規定された2類感染症と同等の措置が可能となり、状況に応じて保健所長は入院措置や就業制限の措置が可能となるなど、感染拡大防止に必要な措置が取られます。なお、措置入院に関する医療費は公費負担制度の対象となります。
  • また、患者を診断した医師に対しては、感染症法第12条により保健所への届出の義務が生じます。

WHOの緊急事態宣言について

  • 世界保健機関(WHO)の緊急委員会は、1月31日、中華人民共和国湖北省武漢市における新型コロナウイルス関連肺炎(新型コロナウイルス感染症)の発生状況が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(PHEIC: Public Health Emergency of International Concern)」に該当すると発表しました。

《 国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(PHEIC)とは 》

1 PHEICとは、WHOが定める国際保健規則(IHR)における次のような事態をいいます。
(1)疾病の国際的拡大により、他国に公衆の保健上の危険をもたらすと認められる事態
(2)緊急に国際的対策の調整が必要な事態

新型コロナウイルス感染症の流行について

  • 厚生労働省及び国立感染症研究所の公式ホームページ:コロナウイルス関連サイトです。
  • 保健所や医療機関等の皆様は、次のリンクから各種通知やマニュアル等の最新版をご確認ください。

厚生労働省 新型コロナウイルス電話相談窓口(コールセンター)

  • 電話番号:0120-565653(フリーダイヤル)
  • 受付時間:9時00分~21時00分(土日・祝日も実施)
  • ファクス(03-3595-2756)でも受付をしています。
県民の皆様へ
  • 新型コロナウイルス感染症は、我が国において、現在、ヒトからヒトへの感染が認められましたが、現時点では広く流行が認められている状況ではありません。
  • コロナウイルスは、咳などによる飛沫感染や、ウイルスで汚染された手指等を介して接触感染するとされており、予防策としては季節性インフルエンザと同様「咳エチケット」や「手洗い」に加え「アルコール消毒剤」も活用するなど、県民の皆様は過剰に心配することなく、通常の感染対策を行うことが重要です。
  • また、湖北省又は浙江省から帰国・入国された方においては、入国してから2週間の間に、発熱や咳など呼吸器症状がある場合には、他の人にうつさないようにマスクを着用するなど「咳エチケット」を実施の上、速やかにお住いの地域の保健所に連絡・相談のうえ、医療機関を受診するようにしてください。その際、湖北省又は浙江省に滞在していたことを申告してください。
  • なお、受診方法や帰国後の対応など、ご心配やご不明な点は、最寄の保健所に御相談ください。
  • 県民の皆様におかれましては、正確な情報に基づき、過剰に心配することなく、咳エチケットや手洗いの徹底など通常の感染症対策に努め、冷静な対応をお願いします。

記者会見における県知事のコメント

  • 2/14の定例記者会見において、達増拓也岩手県知事から新型コロナウイルス感染症対策に係るコメントがありました。(15分35秒~)
  • 1/24の定例記者会見において、達増拓也岩手県知事から県民の皆様へ、感染拡大防止に係るご協力のお願い等のコメントがありました。
医療機関の皆様へ 

【令和2年2月3日付け健感発0203第2号厚労省課長通知に基づく内容】

  • 発熱(37.5度以上)かつ呼吸器症状があり、発症から二週間以内に下記のいずれかに該当する患者が受診した場合は、最寄りの保健所へご連絡をお願いします。
  1. 湖北省又は浙江省を訪問した。
  2. 湖北省又は浙江省への渡航歴があり、発熱かつ呼吸器症状を有する人」との接触歴がある。
  • 上記を含め、呼吸器症状を呈して医療機関を受診した患者を診察する場合は、標準予防策をはじめとした院内での感染対策を徹底するよう、お願いします。
  • なお、1月28日「新型コロナウイルス感染症」を指定感染症として定める政令が公布され、2月1日施行されました。

 重要な参考資料

旅館・ホテル等の宿泊施設の営業者の皆様へ
  • 流行地から帰国・入国されているお客様で、発熱(37.5度以上)かつ呼吸器症状があり、発症から二週間以内に下記のいずれかに該当する患者が確認された場合は、最寄りの保健所へ御連絡ください。
  1. 湖北省又は浙江省を訪問した。
  2. 湖北省又は浙江省への渡航歴があり、発熱かつ呼吸器症状を有する人」との接触歴がある。
  • また、上記のお客様に対応する場合は、標準予防策をはじめ施設内における感染対策の徹底を図るようお願いします。
観光施設等の管理者の皆様へ
  • 新型コロナウイルス感染症は、我が国において、現在、ヒトからヒトへの感染が認められましたが、現時点では広く流行が認められている状況ではありません。
  • 過剰に心配することなく季節性インフルエンザと同様に咳エチケットや手洗いなどの基本的な感染症対策に努めていただくようお願いします。
  • コロナウイルスは、咳などによる飛沫感染や、ウイルスで汚染された手指等を介して接触感染するとされており、予防策としては、咳エチケットや手洗いに加え、アルコール消毒剤も活用するなど、通常の感染対策を行うことが重要です。
  • 体調がすぐれない施設利用者へのマスク着用、咳エチケットの励行や、出入口等への手指消毒用のアルコール消毒剤の設置など、施設内における感染防止対策の徹底について御協力をお願いします。

県における対応について

《 新型コロナウイルスに関連した肺炎について 》

  • 岩手県ホームページにより県民の皆様へ迅速に情報提供を行い、適時適切に注意喚起を行います。
  • 水際対策の徹底のため、いわて花巻空港における検疫について検疫所と連携し、新型コロナウイルス感染症疑い患者の把握と医療機関への受診の適切な誘導を行います。
  • 武漢市を含む湖北省から帰国・入国し、発熱等の症状がある方に対して、医療機関への受診と感染拡大防止のための適切な行動を呼びかけます。
  • 岩手県旅館ホテル生活衛生同業組合並びに住宅宿泊事業者に対し、厚生労働省及び観光庁発出「新型コロナウイルスに関連した肺炎患者の発生に係る協力依頼」を通知し、旅行客の発症に備えます。
  • 県環境保健研究センターにおいてウイルス検査を行い、病原体の確認や流行状況の把握、県民への情報提供を行います。
1月29日 感染症医療機関や各保健所等で構成する「新型コロナウイルス感染症医療連絡会議」を開催し、指定感染症への対応等について情報共有・意見交換しました。
2月5日 庁内各部局の連絡会議を開催し、各部局の取組状況や課題等について情報共有・意見交換しました。
2月6日 「第2回新型コロナウイルス感染症医療連絡会議」を開催し、帰国者・接触者外来等の設置に向けて情報共有・意見交換しました。
2月7日 「岩手県感染症対策委員会」を開催し、新型コロナウイルス感染症に係る医療体制等についてご審議いただきました。
2月10日 「新型コロナウイルス感染症関係機関連絡会議」を開催し、各種インフラを含む団体等がそれぞれの取組状況や課題等について情報共有・意見交換しました。
2月11日 「第1回新型コロナウイルス感染症対策専門委員会」を開催し、本県における検査対象の考え方をはじめ今後の医療体制等に係る具体的な事項について協議しました。
2月18日 「第2回新型コロナウイルス感染症対策専門委員会」を開催し、今後国内で感染が拡大する時期を迎えた際の医療体制の考え方をはじめ、今後の患者対応に係る具体的な事項について協議しました。

《 感染症対策全般の取組 》

  • 感染症指定医療機関を県内に9か所指定し、法に定められた重要感染症の発生に備えます。
  • 県環境保健研究センター内に県感染症情報センターを設置し、感染症発生動向調査を実施して、県内の感染症流行状況の把握と県民への情報提供を行います。
  • いわて感染制御支援チーム”ICAT”を組織し、本県における感染症事例に対応します。

新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口

  • 【保健所】9時00分~17時00分(平日)
  • 【県 庁】9時00分~21時00分(土日・祝日も実施)

担 当

電 話

所管地域

盛岡市保健所 保健予防課

019-603-8308

盛岡市
岩手県 県央保健所 保健課

019-629-6562

八幡平市、滝沢市、雫石町、葛巻町、

岩手町、紫波町、矢巾町

岩手県 中部保健所 保健課

0198-22-4952

花巻市、遠野市、北上市、西和賀町
岩手県 奥州保健所 保健課

0197-22-2831

奥州市、金ケ崎町
岩手県 一関保健所 保健課

0191-26-1415

一関市、平泉町
岩手県 大船渡保健所 保健課

0192-27-9922

大船渡市、陸前高田市、住田町
岩手県 釜石保健所 保健課

0193-25-2710

釜石市、大槌町
岩手県 宮古保健所 保健課

0193-64-2218

宮古市、山田町、岩泉町、田野畑村
岩手県 久慈保健所 保健課

0194-53-4987

久慈市、普代村、洋野町、野田村
岩手県 二戸保健所 保健課

0195-23-9206

二戸市、軽米町、九戸村、一戸町
岩手県庁 医療政策室 感染症担当

電話

019-629-5472

ファクス

019-626-0837

全県域 午前9時~午後9時(土日・祝日も実施)

厚生労働省 新型コロナウイルス電話相談窓口(コールセンター)

  • 電話番号:0120-565653(フリーダイヤル)
  • 受付時間:9時00分~21時00分(土日・祝日も実施)

参考情報(外部サイトのリンク)

  • 各機関が提供している情報は、常に更新が繰り返されています。
  • 最新情報は次のリンクからご確認ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 医療政策室 感染症担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5472 ファクス番号:019-626-0837
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。