手足口病の流行状況について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1003115  更新日 平成31年2月20日

印刷大きな文字で印刷

最終更新日:2017年8月25日公開当時の情報です。
※これ以前の内容である可能性もありますので、ご注意ください。

手足口病の流行状況(流行警報の発令)について

本年第33週、8月14日(月曜)~8月20日(日曜)における本県の1定点医療機関当たりの手足口病の患者発生状況(定点報告)が5.70となり、警報基準5.0を超えました。

県民のみなさまへの注意事項

手足口病について

  • 手足口病は、乳幼児を中心に夏に流行する急性ウイルス感染症です。
  • 臨床症状は、口の中、手、足などに現れる水疱性の発疹(2~3mm)が特徴です。
  • 手足口病では、まれに髄膜炎を起こし、重症化する場合があるので、頭痛や嘔吐が現れた場合は速やかに医療機関を受診しましょう。

感染経路と予防対策

  • 感染経路は、咳等による飛沫感染、水疱内の物質による接触感染のほか、便中にもウイルスが排出されるため手指を介した経口感染もあります。
  • 予防には、感染者との密接な接触を避けること、石けんと流水による手洗いが大切です。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 医療政策室 感染症担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5472 ファクス番号:019-626-0837
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。