よくある質問と回答(新型コロナウイルス感染症)

ページ番号1033866  更新日 令和2年10月13日

印刷大きな文字で印刷

1. PCR検査を受けたいのですが、どうすればいいですか (特に症状や患者との接触歴はないのですが)。 

行政検査は、医師が必要と判断した方、または公衆衛生上の観点から必要と判断した場合など、医学的に必要があると判断された方に対して実施しています。
そうした必要性が認められない場合は、不安感や希望のみを理由とする行政検査は行っていません。

2. 発熱や咳などの症状があります。PCR検査を受けた方がいいですか。 

まずは、かかりつけ医やお近くの医療機関へ一度電話したうえで受診するようお願いします。

なお、直近2週間以内に県外へ移動したことがある、または感染症患者の方と接触した心当たりがある場合は、事前に電話でその旨をお伝えのうえ、受診してください。

また、息苦しさの症状が強くなる場合などには、すぐに県の電話相談窓口(019-651-3175)に御相談ください。

3. 会社(学校)から、PCR検査を受けて陰性が証明されてから出社(登校)するように言われました。

医師や公衆衛生上の観点からPCR検査が必要と判断されていない労働者(学生)の方について、陰性を証明するためのPCR検査は実施しておらず、証明書の発行もしていません。また、事業者等からの依頼により、各種証明がされることはありません。

参考:厚生労働省HP 新型コロナウイルスに関するQ&A(企業の方向け)10その他(職場での嫌がらせ、採用内定取消し、解雇・雇止めなど)<検査結果の証明について> 問6
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00007.html#Q10-6

4. 海外出張のため、新型コロナウイルス感染症の陰性証明書が必要と言われました。

県では、陰性を証明するための行政検査は実施しておらず、陰性証明書の発行もしていません。
ご利用予定の空港の検疫所にお問い合わせいただくか、民間医療機関で実施しているところもあるようですので、インターネットなどで検索をお願いします。

なお、経済産業省では、海外渡航者新型コロナウイルス検査センターの海外渡航者向けの利用が開始されています(このページ下部の関連情報に外部リンクを掲載しております)。

また、日本渡航医学会(https://plaza.umin.ac.jp/jstah/index2.html)では検査機関を案内していますので、そちらを参考にしてください。

5. 自費でも構わないので、PCR検査を受けたいです。検査機関を紹介してください。 

県では、本人の希望によるPCR検査が可能な医療機関を紹介していません。

なお、日本渡航医学会(https://plaza.umin.ac.jp/jstah/index2.html)では検査機関を案内していますので、そちらを参考にしてください。

6. 岩手県のPCR検査数が少ないのは、岩手県が厳しい基準を設けているためではないですか。 

PCR検査の判断基準は国の基準を基本としており、特に岩手県独自の基準を設けているわけではありません。 

7. PCR検査の費用はどれくらいかかりますか。 

医師が必要と判断した方、または公衆衛生上の観点から必要と判断された場合のPCR検査に掛かる自己負担はありません(健康保険の自己負担分は公費負担となります)。
ただし、受診の際の診察料や、PCR検査以外の検査(血液検査、胸部レントゲン撮影等)費用等については、自己負担が発生します。 

8. 県がPCR検査を行っている施設はどこですか。1日の対応可能件数は何件ですか。 

県の施設では、岩手県環境保健研究センターで検査しています。1日最大80件の検査が可能です。
民間等の検査機関名については公表していませんが、県全体で1日最大864件の検査が可能です。

9. PCR検査の結果が出るまで、どれくらい時間がかかりますか。 

検査を行う機関により異なります。最も早い場合は当日判明しますが、遅い場合は2~3日要する場合もあります。
検査結果については、保健所または医療機関から検査を受けられたご本人に直接連絡があります。

このページに関するお問い合わせ

新型コロナウイルス感染症相談窓口
岩手県保健福祉部医療政策室

(午前9時~午後9時、土日・祝日を含む)
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-6085 ファクス番号:019-626-0837