アストラゼネカ社ワクチン接種の実施のお知らせ

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1046771  更新日 令和3年9月21日

印刷大きな文字で印刷

岩手県では、次のとおり、アストラゼネカ社ワクチン接種を実施します。

1 接種対象

 県内に住民登録をしており、県内の市町村が発行する接種券をお持ちの以下の方を対象とします。特に、1,2に該当する方を優先的に対象とします。

  1. 18歳以上で、ポリエチレングリコール(PEG)に対するアレルギー等でmRNAワクチンを接種できない方
  2. 海外でアストラゼネカ社製ワクチンを1回接種済みの方
  3. 接種時、40歳以上でアストラゼネカ社製ワクチンの接種を希望する方

2 接種人数

  50人

3 会場

  岩手産業文化センター(アピオ)(滝沢市砂子込389-20)

4 実施日

1回目接種日

  • 9月25日(土曜日)16時00分-16時30分
  • 9月26日(日曜日)15時00分-15時30分

2回目接種日

 11月21日(日曜日)を予定しています。

5 予約

予約開始日(予定)

  • 対象1、2に該当する方 9月14日(火曜日)14時から
  • 対象3に該当する方 9月21日(火曜日)14時から

(注)「対象1,2に該当する方」の予約が接種人数に達した場合は、「対象3に該当する方」の予約受付前でも受付終了としますので、ご了承ください。

予約方法

インターネットのみで予約を受付します。

6 アストラゼネカ社ワクチンについて

接種回数と接種間隔

  • 1回目から4週間(注)から12週間後
    (注)最大の効果を得るためには、8週間以上の間隔をおいて接種することが望ましいとされています

有効性・安全性、副反応について

  • ワクチンは、新型コロナウイルス感染症の発症を予防する効果があり、また重症化を予防することが期待されています。
  • 一方で、接種後に副反応とみられる症状が出る場合があります。

 【重要】

  • ごく稀に、アストラゼネカ社ワクチンを接種後に、血小板減少症に伴う血栓症、毛細血管漏出症候群、ギランバレー症候群を発症 した例が、海外で報告されています。
  • 接種にあたっては、効果と副反応のリスクをご理解いただき、納得された上で接種してください。

その他

  • 既にファイザー社ワクチンやモデルナ社ワクチンを接種した方は接種できません。
  • また、アストラゼネカ社ワクチンを接種した方は、2回目接種でファイザー社ワクチンやモデルナ社ワクチンを接種することはできません
  • 他のワクチン接種との重複予約は行わないでください

7 接種に関する留意事項

  1. ワクチンの使用に関する相談については、24時間対応の岩手県新型コロナワクチン専門相談コールセンター(0120-89-5670)までお願いします。
  2. 国や他の自治体が実施する予防接種を受けた方や、その予約をしている方は対象外となります。
  3. 県内に居住しており、かつ県外に住民登録をしている方は、原則として対象となりません。ただし、やむを得ない事情があり、住民登録地で接種を受けることができない方は、県のワクチン接種の対象となりますので、コールセンターまでご連絡ください。
    【やむを得ない事情の例】
    • 出産のために里帰りしている妊産婦
    • DV、ストーカー行為、児童虐待及びこれらに準ずる行為の被害者
    • 介護のために居住している人
    • 災害にあった人
  4. 病気治療中(投薬中)の方や基礎疾患のある方は、ワクチン接種の可否について、あらかじめ主治医にご相談ください。
  5. 妊娠中や授乳中、妊娠を計画している方も接種することができますので、あらかじめ主治医にご相談ください。
  6. 国のワクチン供給の状況によっては、接種を受けられない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

8 予約から接種当日までのその他留意事項

以下のリンクからご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 医療政策室 ワクチン接種担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5472 ファクス番号:019-626-0837