新型コロナウイルス感染症に関する留意事項について(岩手県新型コロナウイルス感染症対策本部)

ページ番号1034585  更新日 令和2年11月24日

印刷大きな文字で印刷

岩手県内において、飲食や職場でのクラスターが確認されたことに加え、高齢者施設でのクラスターも確認され、今後、県内全域における家庭内感染や、学校等におけるクラスターの発生リスクが高まってくると危惧されることから、岩手県新型コロナウイルス感染症対策専門委員会の見解を踏まえ、下記の事項に留意するようお願いします。

家庭や職場を含むすべての場における基本的な感染対策の実施

  • 手洗い、常時マスク注及び咳エチケットを励行する。
  • 密閉、密集、近距離での会話や発声等を避ける。
  • 室内の換気、湿度の調節を心がける。

追加的な感染対策の実施

  • 【県民及び岩手県来訪者】
    毎日の健康確認、体調不良時は外出を避ける、常時マスク着用、三密を伴う会合等の回避
  • 【事業所】
    健康状態・行動歴の記録
  • 【接待を伴う飲食店の利用者と従事者】
    接触情報、連絡先情報の記録
  • 【医療機関】
    積極的な検査の実施
【常時マスクの考え方】
人と人との距離が十分に確保できる状況ではマスクを外すことも可能ですが、一般的な社会生活では頻繁にマスクの脱着を行うことになります。そのためマスクを装着した状態を基本とするものです。
  • 食事の際にはマスクを外さざるを得ませんが、会話しながらの食事は座席に十分な距離が必要となります。2メートル程度の距離が確保できない状況では、食事と会話を別々の行為と考えて食後にマスクをした上で会話することを推奨します。
  • 運動時や屋外であって、他の人々との距離が十分に確保可能な状況ではマスクを外しても問題ありませんが、そのような場合でも、会話をする場合にはマスクを装着することを推奨します。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 保健福祉企画室 新型コロナウイルス感染症対策担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号(総合案内):019-651-3111(内線6082・6088) ファクス番号:019-629-5419
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。