重度障害者支援加算及び強度行動障害児特別支援加算に係る経過措置の終了について(310227)

ページ番号1017281  更新日 平成31年2月28日

印刷大きな文字で印刷

  障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に基づく指定障害福祉サービス等及び基準該当障害福祉サービスに要する費用の額の算定に関する基準(平成十八年厚生労働省告示第五百二十三号)及び児童福祉法に基づく指定入所支援に要する費用の額の算定に関する基準(平成二十四年厚生労働省告示第百二十三号)の平成27年度改正により、重度障害者支援加算及び強度行動障害児特別支援加算(以下「重度障害者支援加算等」という。)については、「強度行動障害支援者養成研修(基礎研修)」及び「強度行動障害支援者養成研修(実践研修)」の研修修了者が算定要件とされました。そのうち、施設入所支援、共同生活援助及び福祉型障害児入所施設の重度障害者支援加算等の算定要件については、平成31年3月31日まで当該研修を修了しているものとみなす規定(以下「経過措置」という。)が設けられておりますが、当該経過措置については予定どおり平成31年3月31日をもって終了することとされましたのでお知らせします。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 障がい保健福祉課 障がい福祉担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5448 ファクス番号:019-629-5454
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。