障害者グループホーム・ケアホームにおける防火安全対策の徹底(平成25年6月19日更新)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1004034  更新日 平成31年2月20日

印刷大きな文字で印刷

 このことについて、別添写しのとおり厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部障害福祉課長から通知がありましたので、下記に関して十分御留意願います。

  • 非常災害対策や消防法令違反等の防火安全上の不備事項がある場合は、所轄の消防関係機関等と連携しながら、早急にその改善等を図ること。
  • スプリンクラー設備等の消防用設備について、法令上の設置義務がない場合であっても、国の支援制度等を活用し、その設置に努めること。
    また、特に夜間及び深夜の時間帯に、夜間支援従事者等が配置されていない場合は、自動火災報知設備や消防機関へ通報する火災報知設備の設置に努めること。
  • 非常災害時に地域住民等との円滑な連携が図られるよう、地域住民と共同の避難訓練を実施するなど、地域における連携体制の構築に努めること。
    また、夜間を想定し、具体的状況に即した避難訓練を実施するなど、適切な避難誘導体制の確保に努めること。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 障がい保健福祉課 障がい福祉担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5448 ファクス番号:019-629-5454
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。