宮古市 青倉地区自治会

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1004801  更新日 平成31年2月20日

印刷大きな文字で印刷

青倉地区農業振興会と連携しながら、味噌づくり、豆腐づくりを中心とした地域おこし活動を実施し、祭りを開催したり、各種イベント等での販売を行っている。

「けげだす工房」はふるさとの味と情景を思い出させる

活動のきっかけ

昭和58年から「手作りの村整備事業」や「地域農業集団事業」の実施を契機に、昔から集落内で行われてきた味噌づくりを中心とした地域興し運動が活発化し、住民の意思統一と協力体制が確立され、味噌の商品化へ向けた取り組みが始まった。

活動の内容

青倉地区農業振興会と連携しながらの味噌づくりや豆腐づくり、平成9年からは「豆腐市」、「けげだす村工房まつり」を開催し、毎年大盛況となっている。その他、各種イベントに参加し、青倉味噌、豆腐を使った田楽の販売を行っている。また、アピオスやブルーベリー、雑穀などの栽培も行っている。修学旅行生や地元の保育所等の農業体験学習(グリーン・ツーリズム)の受け入れも積極的に行っている。

活動の成果・影響

第1回目の「けげだす村工房まつり」は500人余りの来場であったが、平成18年には2,000人を超え、着実に成果を上げている。まつりの準備、当日の運営、後片付けには、青倉地区の全世帯の子どもからお年寄りまでが参加することから、世代間の交流が深まり、地域住民の連帯感と絆が強くなった。また、来場者との対話を通じた親睦と交流も着実に深まっている。毎年、末前神楽を招待(披露)し、伝統芸能の保存にも力を入れ、また、イワナを放流して河川の保護にも努めている。

今後の展開

菓子製造施設等を整備し、アピオスやブルーベリー、雑穀等を使った商品開発を行い、まつり等での販売をはじめ販売ルートの確保を図りたい。ブルーベリー狩りの受け入れも行いたい。また、高齢化が進んでいることから、担い手の育成や農業機械・農作業の共同化を進めていく。

お問い合わせ先

〒027-0358 宮古市田老字立腰75番地
電話・ファクス:0193-87-3126

このページに関するお問い合わせ

ふるさと振興部 地域振興室 地域振興担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5184 ファクス番号:019-629-5254
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。