釜石市 松原町内会自主防災会

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1004795  更新日 平成31年2月20日

印刷大きな文字で印刷

防災に関する知識普及を図る活動を実施しているほか、地域連携のため、参加しやすい町内行事を開催する等の取り組みを行っている。

自分達の地域は、自分達で守る!

活動のきっかけ

阪神淡路大震災を契機として、自主防災組織の重要性を認識し、平成9年に組織を結成した。その後、平成14年に台風6号により土砂災害が発生し、町内から2名の犠牲者を出したため、更なる活動の活発化につながった。

活動の内容

組織の役割分担はもとより、災害が発生する恐れがある場合の自主避難場所の開設と運営、避難者の誘導を積極的に行っている。本年5月には、県内では初となる土砂災害防災訓練に参加し、災害時要援護者の避難訓練や町内の避難広報などを行った。
また、防災に関する知識普及のため、毎年防災学習会を実施するなど、予防活動も徹底して行っている。

活動の成果・影響

平成14年の台風6号による被災経験が活動の活発化に影響し、地域住民のほとんどが防災に対する意識が高い。

今後の展開

現在、県保健福祉環境部の実施する「地域支え合いマップ作成モデル事業」の実施を予定している。(災害時要援護者対策)

このページに関するお問い合わせ

ふるさと振興部 地域振興室 地域振興担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5184 ファクス番号:019-629-5254
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。