大船渡市 永井沢自主防災組織

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1004787  更新日 平成31年2月20日

印刷大きな文字で印刷

気配りと思いやりで力を合わせ助け合おう

活動のきっかけ

昭和53年宮城県沖地震で、町内に多くの屋根瓦の落下、地割れの発生、擁壁の崩壊等の災害が発生した。
消防艇で湾内を津波警戒中の消防団員が、海側より地域の被災状況を確認し、地域の安全は自分たちで協力して助け合い守ることが大事であると町内会に働きかけ、市内では最初の自主防災組織として結成された。

活動の内容

毎年5月に行われる大船渡市の防災津波訓練にあわせて、自主防災組織の防災訓練を実施している。
防災マップと、防災マニュアルを作成し、常に地域住民の防災意識の高揚に努めながら、ことあるごとに地域内の高齢者の様子を伺い、常に状況分析を怠らず情報を共有している。

活動の成果・影響

自主防災組織の班員が、常に防災意識を持ち、非常時には一人ひとりが家族・家庭の安全を確保し、安全を確認した上で、自主防災組織に助け合いの精神で協力していただいている。
また、他地区の自主防災組織の結成に大きな影響を与えた。

今後の展開

地域住民の防災意識は高いレベルにあるが、大きな災害発生時には、地域社会の和が最も大事である。
人災、自然災害を問わず、よりよいコミュニティが形成されれば、何よりも災害に強いまちづくりにつながる。リーダーづくりと、他の地域の自主防災組織と共にワーク&ネット活動を展開し、研修を積んでいきたい。

お問い合わせ先

〒022-002 大船渡市大船渡町字永沢20-16(公民館)
電話:0192-26-3562(代表者宅)

このページに関するお問い合わせ

ふるさと振興部 地域振興室 地域振興担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
電話番号:019-629-5184 ファクス番号:019-629-5254
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。